ホーム障がい者の働く場レポートおおつかがゆく > 障害者が働きやすくするためにした工夫で他の清掃スタッフも働きやすくなりました

障がい者の働く場レポート

障害者が働きやすくするためにした工夫で他の清掃スタッフも働きやすくなりました

株式会社互幸ワークス
代表取締役 竹中 伸幸  さん

川崎市に本社のある株式会社互幸ワークス。オフィス・商業ビル、マンションの清掃及び設備管理の総合ビルメンテナンス業であり、関連事業として建設業・不動産業も営んでいる企業です。全国障害者技能競技大会(アビリンピック)のビルクリーニングの競技種目で金賞を受賞した知的障害者スタッフが勤務し、活躍しているとの情報をいただき、取材に伺いました。

大谷晃弘さんです。
入社6年目
2013年のアビリンピック、ビルクリーニングの競技種目で金賞を受賞されました。

笑顔、はきはきとした応対。
とてもすがすがしい気持ちになります。

仕事の様子です。

ダストクロスで除塵作業をしているところ。

竹中社長:大谷さんは、はっきりいって一般のスタッフ(健常者)よりすごいと思っています。

おおつか:一般のスタッフより!?どんなところがすごいのでしょうか?

竹中社長:いま、大谷さんには日常清掃の代務担当として、いろんな現場に入ってもらっています。これは結構大変な仕事です。その日その日で現場も仕事のやり方も違う。ヘルプで入るでしょ。そうすると現場のスタッフやお客さんから、「次から大谷さんがいい」「担当は大谷さんにしてほしい」なんて言われるんです。そんなふうに言われることって、普通はめったにないですよ。

おおつか:なるほど、それはすごいですね!どんな理由からそういったリクエストがあるのでしょうか?

竹中社長:はきはきして、礼儀正しく、清潔感がある。手抜きなんて絶対にしない。集中力が途絶えない。もちろん遅刻も欠勤もない。言葉にするとありきたりなんだけど(笑)。障害者でなくても、そこまでのレベルに到達するのはなかなか簡単ではないですよ。

久世さんです。

物静かな感じで周囲から好感をもたれるタイプですね。
高津区役所の日常清掃が担当現場です。

椅子の拭き上げ作業。

「そんな大したことないです」と謙遜しながら、2枚のタオルを使い分け、椅子の各部分を拭く手つきは、かな~りテキパキ!

竹中社長:安心して仕事任せられますよ。ものすごくまじめですごいと思う。
とっても助かってます。


おおつか:障害者雇用を始めるきっかけは何でしたか?

竹中社長:2006年、地域の中学校の生徒さんの職場体験を受け入れていた流れで、特別支援学校の生徒さんたちの職場体験の受け入れにも応じたのがはじまりです。

おおつか:障害のある生徒さんの職場体験を受け入れるということについては?

竹中社長:軽い気持ちからです。清掃の指導担当者の勉強になるかもしれないなと。実際にやってみたら、社員たちから「とても勉強になる」と好評で(笑)。「機会があればやっていこうよ」と取り組んでいくうち、徐々に人数が増えていきました。今では年間で100名もの実習生を受け入れする一大事業です(笑)。


おおつか:その実習生の中から採用を?

竹中社長:結果としてはそうですが、当初、自分たちでは障害者雇用と実習はまったく繋がっていなかったんです。当社から「働いてみないか」ではなく、実習生の1人、柳田良輔さんが「互幸ワークスで働きたい」と志願してくれたので、「じゃあやってみようか」という感じでスタートしました。


おおつか:雇用されてみていかがでしたか?

竹中社長:手探りでやっていきましたね。特別支援学校の先生方がサポートしてくださったので、相談しながら。ありがたいことに、社員たちも障害者職業生活相談員の資格を取ったり、関連のセミナーに出席したりして、熱心に勉強してくれました。本人の努力ももちろんです。ぐんぐん実力をつけてくれました。

竹中社長:同じ特別支援学校から、1年あけてもう1人採用しました。それが大谷さんです。入社時は、柳田さんが大谷さんの指導役も担当してくれていました。互いに競い合って、技能を伸ばしていってくれたんだと思います。ものすごく伸びました。ついに大谷さんは一昨年、アビリンピックの全国大会でみごと金賞を受賞しました。


おおつか:彼らと一緒に働いていく中で、印象に残っていることはありますか?

竹中社長:障害に配慮して、まっすぐ掃けるよう床面にテープを引いたり、方向がわかりやすくなるようモップの柄に印をつけたりしたら、一般のスタッフたちから「仕事しやすい」「正確にできる」と、とても喜ばれました。障害者が働きやすくするための工夫をすると、障害のない人も働きやすくなる。面白いなぁ、「ユニバーサルデザイン」って、こういうことなんだなぁと実感しました。


おおつか:今後のビジョンをお聞かせください。

竹中社長:大げさかもしれないけれど、ダイバーシティ(多様性)経営を実践していきたいです。障害者も、高齢者も、女性も、いろんな人にもっともっと活躍してもらえる会社にしていきたい。少子高齢化が進み人材不足の中、むしろそうやって活躍してもらわないと世の中が成り立たない。また、当社1社だけじゃなく、連携しながら業界全体でダイバーシティ経営を実践できるようにがんばりたいですね。


おおつか:障害者雇用を検討中の企業に対するメッセージをいただけますか?

竹中社長:「あまり構えないで」ということでしょうか。「何かあったらどうしよう」と思ったら、絶対に前へは進めないですよ。雇用にあたっては、地域の就労支援機関などの支援を受けている障害者だと企業は安心ですね。働いてもらう中で困ったら支援機関に相談できるし、障害者本人に対しても援助してくれるので。

~おおつかのひとりごと~

大谷さんがアビリンピックの金賞を受賞したあと、特例子会社が数多く見学に訪れ、彼の仕事ぶりに驚きながら「どんな指導方法をしているのか」と質問されたそうです。「普通の教え方をしている」と答えたという竹中社長。おおつかにおっしゃった言葉も印象的でした。「うちは清掃の会社。清掃でお金をいただいている。ワックスを塗ったばかりの床を歩くことは、障害者だからって許されない。緊張感が違うんだよね。」障害者をただただ甘やかしてはいない。これは、障害者が輝く職場に共通する特徴だなぁと納得です。

  • おおつかがゆく一覧
  • 企業の方へ
  • 行政福祉事業者の方へ

訪問先データ

会社名:株式会社互幸ワークス
所在地:神奈川県川崎市高津区久本1-2-5
    関口第一ビル5階
従業員数:665人(パート含む)
障がい者雇用人数:8名(知的、精神)

 
障がい者採用に役立つ情報を無料でご提供します。
  • 障害者雇用のためのATARIMAEメソッド早わかりガイドブック
  • 就業規則・雇用契約書考え方のポイント
  • 雇用管理のポイント~発達障害者編~
  • 雇用管理のポイント~精神障害者(統合失調症)編~
  • 業務指示のポイント~知的障害者編~
  • 部門別情報収集シートの活用
  • プロフィールシート
  • 障害者雇用防災対策マニュアル
  • 障害者面接のポイント
  • 業務日誌


お問い合わせ・ご相談・ご依頼はこちら
お問い合わせ

電話でのお問合せ
企業向けサービスサイト

最新の記事

外部支援機関の力を借り、安心して雇用が進められました

スタッフ同士のコミュニケーションや笑顔が多い現場になりました

複雑な客室清掃業務も、分解すれば障害者スタッフが活躍できます

信頼できる、大切に育てていきたい人材です

一人ひとりの“得意”を生かす、チーム制が効果的です

障害者のための改善は、すべての社員に役立ちます

障害者雇用は、サービスのあり方を考えることにつながります

作業手順を教えるというより、「プロを育てる指導を」と伝えています

働きやすさと働きがいを創造することが安定雇用を生む

能力の引き出し方次第で、障害者はどんな仕事でもできますよ

障害者雇用を頑張っていると、お客様も評価してくださる時代です

工夫が生まれ、人が育ち、業績がよくなる。障がい者雇用のメリットは想像以上に大きい

障害者社員の方が、働くことについての意識が高いような気がします。

店長のマネジメントスキルの高い店は障害者雇用もうまく行くと実感しています

授業を見学し、採用しない理由はないと思いました。

会社の発展を支える貴重な労働力として期待しています

現場責任者が大丈夫だという意識を持てれば、障害者雇用は広げられると思います。

障害があっても大丈夫。一人分の労働力として十分期待できます

障害者スタッフの頑張りが清掃現場を支えています

障害の特性と言われる「こだわり」が、仕事の「まじめさ」「きちんとさ」になる

障害者が働きやすくするためにした工夫で他の清掃スタッフも働きやすくなりました

障害者を大切にするということは、きちんと指導して一人前にすることだと思っています

障がい者の可能性を追求したら障がい者雇用率10%になりました

3ヶ月あれば、プロの仕事ができるようになります。

障がい者と働くと社員が成長し、会社が成長することを実感しています。

せっかくの能力を育てて戦力化しなければもったいないと思います

健常者と同じライン構成、同じ生産スピード。特例子会社だという甘えは一切ありません。

北海道から沖縄まで 全国レベルでの雇用創出に取り組んでいます

一緒に働くようになって社員がやさしくなりました

精神科病院ならではの強みを生かした精神障がい者雇用に取り組んでいます。

「個性の尊重」はグループ全体の信念。 信念のもとに、ひとりひとりが輝く障がい者雇用に取り組んでいます。

その人の得意なことが戦力になる職場です

障がい者本人と指導役の組み合わせが安定雇用の秘訣です

「さまざまな個性や背景を持った人間を受け入れる」建学の精神の実践としての障がい者雇用を

はっきり言って、「仕事出来る」と感じています

京王電鉄、京王グループ企業の底力として多くの知的障がい者が活躍しています

経験したことのすべてが今のノウハウになっています

障がい者を戦力化するためには、期待し、責任のある仕事をしてもらうこと

障がい者雇用を成功させるには 就労支援機関との連携がポイントだと思います

障がいのある人もない人も共にチャレンジできる職場づくりを目指しています

親会社の事業と利益に直結する業務を追求

ぐるなびの営業支援部隊として飲食店とお客様をつなぐ仕事をしています!

「会社のど真ん中の仕事」を担ってもらっています

「障害者が主役の会社」だからこそきちんと利益を出し続けています

意欲重視の採用で法定雇用率を大きく上回る実雇用率を達成

9拠点に多様な障がい者を配置し一気に障がい者雇用率3%を達成

「よく生きる」社員を増やすため、人を育て事業を育てていきます

障がい者雇用1号店のフォーマットを広げて150人の雇用が実現

障がい者は決してできない人たちではないのです

組織横断型のプロジェクトチームの存在と障がい者の質の高い仕事が職域を広げていきました

発達障害者の強みを生かした職域開拓に挑戦し続けます

障がいのある人もない人も気兼ねなくお越しいただけるカフェです

「一緒に働いてこそノーマライゼーション」を実践していきます

“仕事ありき”の採用で、全社員がいきいき働ける環境作りを目指します

あたりまえですが「戦力として」採用しています

最先端の医療現場が取り組む「病院らしい障害者雇用」

障害者の強みを最大に発揮させることで行列のできるレストランを作れました

インターンシップで受け入れた障がい者を採用しました

働く喜びを実感して認め合って広げる会社を目指しています

「こういう障がいだからできない」と思わないでやってみると出来るのです

戦力だから長続きするんです。戦力だから本人も幸せを感じるんです

地域に愛される郵便局だから地域の障がい者を採用しています

1年前は一緒に働くイメージが持てなかったのに、今は普通の風景になりました

企業は障がい者とともに成長できるのです

障がい者を戦力化することは会社の責任だと思っています

多くの障がい者が活躍できる職場を作ります!

本人も店舗にもハッピーな障がい者雇用を目指してます

「やればできる」を実感しながら仕事をしています。

障害のある社員に月給25万円払える会社を本気で目指しています

今では一緒に働く親会社のスタッフたちとランチへ行く仲になっています

本質的な社会貢献は障がい者とともにはたらき、ともにいきることです

「居酒屋業界トップ」を支える縁の下の力持ち!お掃除プロフェッショナル集団

ものすごくうまいパン屋。実は障がい者が働いていた」を目指しています

グループ会社の誰より顔が広いのが我が社の主役である知的障がい者社員たちです

全国初!障がい者による障がい児のための学習クラブ 翔和学園

障害のある人もない人も一緒に働くたい焼き屋さんが茅ヶ崎に誕生

人間力の高い社員のいる職場なら障がい者雇用は簡単です

トップの掛け声から始まったナチュラルな障がい者雇用

小島靖子さんが立ち上げた障がい者が働く「街のど真ん中のレストラン」

「障がい者雇用と農業でニッポンを元気にしたい」

元料理長が夢を実現!地産地消のユニバーサルレストラン

「仕事をする上では彼らを障がい者扱いする必要はありません。十分戦力になってくれます。」

「行政こそ知的障がい者雇用の範を示す必要がある」

うまくいかないのは障害のせいではない 仕組みが悪いのだ

施設から飛び出してやる以上は意地でも雇用をつくらなきゃ!そう思ってます。

最高の売場にするために障がい者の仕事は欠かせません

事業として自立しているからゴーイングコンサーン(永続的発展)が可能なのです

定年まで勤め上げられる職場づくりを目指しています

コンビニの店舗で就労に向けた訓練ができる!

音楽が聴けて、杜の都仙台の古いお屋敷町・長町に誕生した「遊楽庵・びすた~り」

地域別

北海道・東北

関東

中部・北陸

関西

中国

九州・沖縄