障がい者雇用事例/おおつかがゆく!

人間力の高い社員のいる職場なら障がい者雇用は簡単です

株式会社K&E
代表取締役 加藤  和紀  さん

代表の加藤和紀さんはご自身も障がいがあります。今から13年前25歳の時に難病である「多発性硬化症」を発病し、車椅子の生活。
「ひとりでも多くの障がいのある方の働く場を作ること、障がいのあるなしにかかわらずに支えあえる社会をつくること」「病気になったから働く意味が見つけられた」という加藤さんです。

 

加藤さん:今から13年前、東京での公認会計士としての職を辞し故郷の名古屋に戻りました。母が経営していたこの会社を継ぐためです。ちょうど時期を同じくして多発性硬化症という病気を発症しました。診断がつくまでに10年かかりました。
おおつか:なぜ知的障害のある人を雇用しようと思われたのですか。
加藤さん:病気になったおかげでいろんなことに気づきました。重い障害のある自分が経営者をやっていられることのありがたさ、自分という存在を実に多くの人たちが支えてくれていることへの感謝、自分自身の働く目的、ミッションにも気づきました。
おおつか:病気を発症したことで働く目的がわかった?
加藤さん:母が経営していたフィットネスクラブ事業を継ぐ予定だったため、大学卒業後は公認会計士の資格を取り、監査法人で働いていました。でも会計士としての仕事にはまったくやりがいを見出せなかった。何のために生きているのかも実感できませんでした。
今の自分は違います。就労機会にめぐまれにくい障がい者の働く場を作ることがミッションだと思っています。
おおつか:どのようにして最初の1人目の(知的)障がい者を雇用したのですか。
加藤さん:経営者団体のセミナーでも勉強しましたが苦労した記憶がありますね。あっちへ行け、こっちへ行けといわれて(笑)。結局は名古屋市の障がい者雇用支援センターでアドバイスを受けました。

 

おおつか:知的障がい者の雇用状況と仕事内容を教えてください。
加藤さん:4店舗のうち2店舗で1人づつ雇用しています。勤務時間は10時から15時まで。主に清掃の仕事をやってもらっています。当初はジョブコーチの指導を受けながら徐々に職域を広げてももらっていいます。他の店舗でも雇用していきたいと考えています。

 

荒木さんです。お掃除のお仕事をしています。
就職して10ヶ月目。笑顔がとても素敵な方です。
お客様から声をかけていただくことも多いとか。
職場は愛知県尾張旭市にある「スポーツシティ旭」店。
ショッピングセンターの3階にあります。
シニアの方の多いフィットネスクラブ。地域に溶け込んでいるクラブだということがよくわかります。

 

上社スイミングスクール店で働いているのは田中真弓さん。
働き始めて1年半になります。
建物の外部をお掃除中のショットです。

おおつか:雇用を始めたときのスタッフの反応はどのようなものでしたか?
加藤さん:だいたい肯定的な意見でしたね。中には率直に質問してきた者もいました「ウチは大丈夫ですか?」と。経営的に大丈夫なのかということと健常スタッフとのあつれきの両方を心配したのだと思います。
おおつか:
荒木さんと一緒に働いてみてどんな感想を持っていますか?
一緒に働くスタッフの池田さん:単純な仕事であっても、頼まれたら一生懸命やってくれる姿はとても好感がもてます。私たちの職場にとって重要な存在になりつつありますね。それと、事務所での会話が増えました。仕事の指示も普段の会話も丁寧に聞いてゆっくり話してあげることを皆が意識してくれるようになったせいでしょうか。
一緒に働くスタッフの永牟田さん:私は新入社員なので、荒木さんの方が先輩です。入社したときにはすでに働いておられたので、まったく自然なこととして受け止めています。
おおつか:どう説明されたのですか?
加藤さん:わが社の社員の人間力の高さが分っていましたから、大丈夫だと思いました。
なので「人間としてのやさしさがあれば大丈夫」といって放りこみました(笑)。
おおつか:で、うまくいった?
加藤さん:うまくいきました(笑)。
おおつか:やっぱり(爆笑)。

おおつか:ビジョンを教えてください
加藤さん:自社の店舗での雇用を増やすと同時に、多くの障がい者を雇用できるようなビジネスを新たに立ち上げたいと考えています。そして将来、ドイツのベーテルという街のように障害のある人とそうでない人が共に暮らす街をアジアのどこかにつくりたいと思っています。
おおつか:がんばってください!!

~おおつかのひとりごと~

加藤さんの経営するフィットネスクラブのエントランス、事務所には「経営の目的」「社是」が大きく掲示されています。
「かかわる人すべての健康としあわせに貢献する」「ひとりひとりがプロフェッショナルとして人間的に成長し自己実現できる職場を作る」「他人の喜びを自分の喜びへ」「愛せよ、夢を見よ、勇気を持って、勝つまで戦え」などなど。
またソウルメイトに出会えました。おおつか、心からリスペクトいたします!

訪問先データ

会社名:株式会社K&E
所在地:名古屋市名東区上社4-161
TEL:052-703-3794
URL:http://www.sports-city.jp/

関連記事一覧

関連コンテンツ

会社探訪 ~土屋喜久が訪ねた障害者雇用の最前線~
PAGE TOP