ホーム障がい者の働く場レポートおおつかがゆく > 障害の特性と言われる「こだわり」が、仕事の「まじめさ」「きちんとさ」になる

障がい者の働く場レポート

障害の特性と言われる「こだわり」が、仕事の「まじめさ」「きちんとさ」になる

株式会社ジェイレック
取締役営業部長 渡邉 大 さん
管理部     柴田 芙蓉さん

建物総合管理、スポーツ施設管理を展開する株式会社ジェイレック。取材に伺った場所は、ジェイレックが日常清掃を請け負っている東京・江東区内の障害者支援施設「江東区立亀戸福祉園」です。障害者スタッフの丁寧な仕事ぶりが信用につながり、15年もの長期にわたって契約が続いているそうです。

安藤弘之さんです。

取締役の渡邉 さん、指導担当者の柴田さんと一緒に休憩室でのインタビューとなりました。

 「どうぞこちらへ」とにこやかな笑顔で迎え入れてくださる。
この施設の清掃業務の委託をうけたときの入社なので、勤続15年になります。 

おおつか:入社したころのことを覚えていますか?

安藤さん:いろいろ覚えることが多くて。でもなかなかできなくて、最初の5年は苦しかった。

おおつか:それが5年経つとできるようになったのですか?

安藤さん:まあそういうことです(笑)

渡邉 さん:安藤さんは努力家です。手に軽い障害があるため、最初はモップや雑巾を絞れなかったんですが、家で何回も練習してできるようになったんです。

おおつか:家で練習したんですか!

安藤さん:はい!

おおつか:お仕事時間は?

安藤さん:8時から16時までの勤務です。でもなるべく早く来るようにしています。着いて着替えたらすぐ仕事します。

おおつか:(心の中で「まじめで仕事熱心!」)

柴田さん:安藤さんと2人の清掃スタッフの3人で館内の日常清掃すべてを行います。午前中の仕事は、ごみの分別、エントランスのモップ掛け、トイレ清掃、排水溝清掃などです。お昼休憩の後は、トイレットペーパーの補充、食堂の清掃などです。清掃場所や頻度は日報に細かく書いてありますので、これを自分でチェックして仕事の抜け漏れがないようにしています。

これがその清掃のチェック表。
実にたくさんの種類の仕事。
清掃場所ごとに細かく明示されています。

おおつか:これは安藤さんのために作ったのですか?

柴田さん:いいえ。清掃業務の品質管理を目的に導入しました。新人の清掃員でもピンチヒッターに現場に入った清掃員でも、抜け漏れのないきちんとした仕事ができるようという理由です。そのことで安藤さんも働きやすくなりました。就職前に所属していた支援施設が提供したトイレ便器清掃のマニュアルがありましたが、それだけでは不十分でしたので。

おおつか:柴田さんはどんな役割を?

柴田さん:だいたい週1回くらいの頻度で訪問します。滞った仕事がないか確認を行い、粗大ごみの処理などスポット的に発生する作業については安藤さんと一緒に作業を行います。安藤さん自身からも困っていることがないかヒアリングします。お客様である障害者支援施設の方にも状況を確認します。

おおつか:柴田さんは障害のある方と仕事をした経験はあったのですか?

柴田さん:はい。別の現場で一緒に働いた経験はありました。その前はプールの指導員で、プールにはたくさんの障害のある子供たちが来ていましたので、特に違和感はなかったです。

おおつか:プールの指導員?

渡邉さん:当社は、プールなどのスポーツ施設の運営も行っていますので、私(渡邉さん)も柴田も、水泳の指導も清掃もできるんです(笑)

おおつか:なるほど~(笑)

渡邉さん:柴田も私も障害者について抵抗はありませんでしたが、スポーツと仕事は違いますしね。正直申し上げると本当に仕事できるのだろうかという気持ちがどこかにありました。

おおつか:採用してみたらどうでしたか?

渡邉さん:あはは。できましたよ。まじめできちんとやってくれる。

午後の清掃業務を見せていただきました。

仕事の様子を拝見します。
午後の食堂のモップ掛け。

広い食堂の床がきれいに光っています。

食堂の流し台。ここはすでに清掃済み。水垢ひとつありません。

渡邉さん:ここまできれいにできるって、簡単ではないのですよ。本当に丁寧にやってくれています。

ゴミの分別と片付けの仕事です。

使ったモップを洗って絞る作業。入社当初できなくて苦労したとは思えません。

柴田さん:施設の利用者(障害者)からとても人気があるんですよ。「一緒に遊ぼう」と声を掛けられるようです。

安藤さん:「かくれんぼしよう」「相撲を取ろう」と声をかけられるけど、仕事中はダメだっていうの。危ないしね。だから休憩時間にならいいよっていうの。でもかくれんぼは休憩時間がなくなっちゃうから相撲ならいいよといって、相撲の相手をしてあげてる。

渡邉さん:施設の利用者から声をかけられることはとてもうれしいことですが、清掃中の床は滑りやすく、モップなどの道具も危険があります。万が一でも転倒事故になったらとても大変だから、我々も神経質になります。

渡邉さん:以前のことです。仕事中に利用者が声をかけてきたとき、安藤さんが今は危ないから「今はダメ!」と強い口調で言ったようです。その声の大きさは場にそぐわなかったのだと思います。声が事務室にまで聞こえたらしく、支援施設から注意を受けたことがあります。

おおつか:それでどうされたんですか?

渡邉さん:臨機応変な行動をとるのが苦手という特性を理解し、適切な行動がとれるように声掛けしました。

おおつか:「障害者には安全に配慮しなければならない仕事は無理」とは思わなかったんですね。どんな声掛けですか?

渡邉さん:語弊がある言い方で恐縮ですが、「仕事中は利用者から逃げろ」と伝えました。利用者の近くで仕事をしなければ、結果として安藤さんも利用者の安全に配慮した行動がとれるからです。

おおつか:なるほど!

おおつか:15年働いてきた安藤さんをどのように思いますか?

渡邉さん:なるべく長く働いてもらいたい。安藤さん自身もここで定年まで働きたいと言ってくれています。こんなにうれしいことはないです。会社としても働き続けてもらうための努力は惜しまないつもりです。

おおつか:これから清掃現場に障害者を雇用しようとする企業に一言お願いします。

渡邉さん:心配は必要ないと思いますが、まずは現場近くの支援機関に相談されるといいと思います。また、イメージが持てないなら障害者技能競技大会(アビリンピック)の大会を見に行くといいですよ。技術のレベルも年々進化しているし。「ああこれなら大丈夫だ」と思ってもらえると思います。安藤さんの場合、障害の特性と言われる「こだわり」が、仕事の上では「まじめさ」「きちんとさ」になる。一般のパートではなかなか真似できない。こんな風に考えていけばもっともっと活躍してもらえる。大げさですが、企業はもっと障害者の力を活用できると思いますよ。

~おおつかのひとりごと~

「仕事は信用が第一。信用を得るためには努力しなければならないとお父さんから教わった。」という安藤さん。手に障害があるせいで、入社直後はモップが上手に絞れなかった。家でバケツに雑巾を入れ、何回も練習したおかげで今は何の苦労もなく絞れるようになったのだそう。本人の努力と周囲の社員の工夫によって、3人現場の1ポジションをしっかりと担ってくれていることを実感した。そして「定年まで働きたい」という安藤さんの言葉に、15年間に培った自信や誇りを感じることができたひと時だった。

  • おおつかがゆく一覧
  • 企業の方へ
  • 行政福祉事業者の方へ

訪問先データ

会社名:株式会社ジェイレック
所在地:東京都練馬区関町南一丁目12番4号
従業員数:120名 うち障害者4名
URL: http://www.j-rec1986.co.jp/

 
障がい者採用に役立つ情報を無料でご提供します。
  • 障害者雇用のためのATARIMAEメソッド早わかりガイドブック
  • 就業規則・雇用契約書考え方のポイント
  • 雇用管理のポイント~発達障害者編~
  • 雇用管理のポイント~精神障害者(統合失調症)編~
  • 業務指示のポイント~知的障害者編~
  • 部門別情報収集シートの活用
  • プロフィールシート
  • 障害者雇用防災対策マニュアル
  • 障害者面接のポイント
  • 業務日誌


お問い合わせ・ご相談・ご依頼はこちら
お問い合わせ

電話でのお問合せ
企業向けサービスサイト

最新の記事

外部支援機関の力を借り、安心して雇用が進められました

スタッフ同士のコミュニケーションや笑顔が多い現場になりました

複雑な客室清掃業務も、分解すれば障害者スタッフが活躍できます

信頼できる、大切に育てていきたい人材です

一人ひとりの“得意”を生かす、チーム制が効果的です

障害者のための改善は、すべての社員に役立ちます

障害者雇用は、サービスのあり方を考えることにつながります

作業手順を教えるというより、「プロを育てる指導を」と伝えています

働きやすさと働きがいを創造することが安定雇用を生む

能力の引き出し方次第で、障害者はどんな仕事でもできますよ

障害者雇用を頑張っていると、お客様も評価してくださる時代です

工夫が生まれ、人が育ち、業績がよくなる。障がい者雇用のメリットは想像以上に大きい

障害者社員の方が、働くことについての意識が高いような気がします。

店長のマネジメントスキルの高い店は障害者雇用もうまく行くと実感しています

授業を見学し、採用しない理由はないと思いました。

会社の発展を支える貴重な労働力として期待しています

現場責任者が大丈夫だという意識を持てれば、障害者雇用は広げられると思います。

障害があっても大丈夫。一人分の労働力として十分期待できます

障害者スタッフの頑張りが清掃現場を支えています

障害の特性と言われる「こだわり」が、仕事の「まじめさ」「きちんとさ」になる

障害者が働きやすくするためにした工夫で他の清掃スタッフも働きやすくなりました

障害者を大切にするということは、きちんと指導して一人前にすることだと思っています

障がい者の可能性を追求したら障がい者雇用率10%になりました

3ヶ月あれば、プロの仕事ができるようになります。

障がい者と働くと社員が成長し、会社が成長することを実感しています。

せっかくの能力を育てて戦力化しなければもったいないと思います

健常者と同じライン構成、同じ生産スピード。特例子会社だという甘えは一切ありません。

北海道から沖縄まで 全国レベルでの雇用創出に取り組んでいます

一緒に働くようになって社員がやさしくなりました

精神科病院ならではの強みを生かした精神障がい者雇用に取り組んでいます。

「個性の尊重」はグループ全体の信念。 信念のもとに、ひとりひとりが輝く障がい者雇用に取り組んでいます。

その人の得意なことが戦力になる職場です

障がい者本人と指導役の組み合わせが安定雇用の秘訣です

「さまざまな個性や背景を持った人間を受け入れる」建学の精神の実践としての障がい者雇用を

はっきり言って、「仕事出来る」と感じています

京王電鉄、京王グループ企業の底力として多くの知的障がい者が活躍しています

経験したことのすべてが今のノウハウになっています

障がい者を戦力化するためには、期待し、責任のある仕事をしてもらうこと

障がい者雇用を成功させるには 就労支援機関との連携がポイントだと思います

障がいのある人もない人も共にチャレンジできる職場づくりを目指しています

親会社の事業と利益に直結する業務を追求

ぐるなびの営業支援部隊として飲食店とお客様をつなぐ仕事をしています!

「会社のど真ん中の仕事」を担ってもらっています

「障害者が主役の会社」だからこそきちんと利益を出し続けています

意欲重視の採用で法定雇用率を大きく上回る実雇用率を達成

9拠点に多様な障がい者を配置し一気に障がい者雇用率3%を達成

「よく生きる」社員を増やすため、人を育て事業を育てていきます

障がい者雇用1号店のフォーマットを広げて150人の雇用が実現

障がい者は決してできない人たちではないのです

組織横断型のプロジェクトチームの存在と障がい者の質の高い仕事が職域を広げていきました

発達障害者の強みを生かした職域開拓に挑戦し続けます

障がいのある人もない人も気兼ねなくお越しいただけるカフェです

「一緒に働いてこそノーマライゼーション」を実践していきます

“仕事ありき”の採用で、全社員がいきいき働ける環境作りを目指します

あたりまえですが「戦力として」採用しています

最先端の医療現場が取り組む「病院らしい障害者雇用」

障害者の強みを最大に発揮させることで行列のできるレストランを作れました

インターンシップで受け入れた障がい者を採用しました

働く喜びを実感して認め合って広げる会社を目指しています

「こういう障がいだからできない」と思わないでやってみると出来るのです

戦力だから長続きするんです。戦力だから本人も幸せを感じるんです

地域に愛される郵便局だから地域の障がい者を採用しています

1年前は一緒に働くイメージが持てなかったのに、今は普通の風景になりました

企業は障がい者とともに成長できるのです

障がい者を戦力化することは会社の責任だと思っています

多くの障がい者が活躍できる職場を作ります!

本人も店舗にもハッピーな障がい者雇用を目指してます

「やればできる」を実感しながら仕事をしています。

障害のある社員に月給25万円払える会社を本気で目指しています

今では一緒に働く親会社のスタッフたちとランチへ行く仲になっています

本質的な社会貢献は障がい者とともにはたらき、ともにいきることです

「居酒屋業界トップ」を支える縁の下の力持ち!お掃除プロフェッショナル集団

ものすごくうまいパン屋。実は障がい者が働いていた」を目指しています

グループ会社の誰より顔が広いのが我が社の主役である知的障がい者社員たちです

全国初!障がい者による障がい児のための学習クラブ 翔和学園

障害のある人もない人も一緒に働くたい焼き屋さんが茅ヶ崎に誕生

人間力の高い社員のいる職場なら障がい者雇用は簡単です

トップの掛け声から始まったナチュラルな障がい者雇用

小島靖子さんが立ち上げた障がい者が働く「街のど真ん中のレストラン」

「障がい者雇用と農業でニッポンを元気にしたい」

元料理長が夢を実現!地産地消のユニバーサルレストラン

「仕事をする上では彼らを障がい者扱いする必要はありません。十分戦力になってくれます。」

「行政こそ知的障がい者雇用の範を示す必要がある」

うまくいかないのは障害のせいではない 仕組みが悪いのだ

施設から飛び出してやる以上は意地でも雇用をつくらなきゃ!そう思ってます。

最高の売場にするために障がい者の仕事は欠かせません

事業として自立しているからゴーイングコンサーン(永続的発展)が可能なのです

定年まで勤め上げられる職場づくりを目指しています

コンビニの店舗で就労に向けた訓練ができる!

音楽が聴けて、杜の都仙台の古いお屋敷町・長町に誕生した「遊楽庵・びすた~り」

地域別

北海道・東北

関東

中部・北陸

関西

中国

九州・沖縄