ホーム障がい者の働く場レポートおおつかがゆく > 店長のマネジメントスキルの高い店は障害者雇用もうまく行くと実感しています

障がい者の働く場レポート

店長のマネジメントスキルの高い店は障害者雇用もうまく行くと実感しています

株式会社はなまる
管理本部 総務部 CSR・管財担当 マネージャー
木下 卓史 さん

セルフ式讃岐うどん店「はなまるうどん」を全国に展開する株式会社はなまる。
今回は都心のど真ん中。新橋日比谷通り店での障害者雇用をご紹介します。

 

店内の様子。

 オープンキッチンなので、スタッフの動きはすべてお客様から見えます。


  (うどんの釜)

 (天ぷら)等々

新橋日比谷通り店で働く相川拓弥さん。30歳。
2011年4月入社です。
入社前は都内の障害者就労支援施設に通所。
友人が就職し、自分も就職したくなったということで、はなまるに応募したのだそうです。

 
洗い場の仕事の様子です。

 

お箸やナプキンの補充の仕事

レジの仕事も慣れた手つきでこなします。

 

「 ありがとうございます」と笑顔でおつりをお渡しする相川さん

 

 キッチンには相川さんの業務手順がこんな形で掲示されていました。

 
一緒に働く副店長さんが作ったそうです。

相川さんを指導した、当時の店長杉山愛さんです。
現在はスーパーバイザーとして複数の店舗の運営管理に当たっています。


 本部の採用担当の木下卓史さんです。


おおつか:杉山さんが店長として着任した時、相川さんの担当していた仕事は?

杉山さん:洗い場と仕込みの仕事です。

おおつか:それが今では?

木下さん:うどんをつくったり、天ぷらを揚げたり、レジの仕事もやります。ほかのスタッフと同じように仕事をしています。杉山が教えたんです。

おおつか:どうして相川さんに仕事を教えようと思ったのですか?木下さんの指示ですか?

木下さん:杉山が勝手にやったんです(笑)。

杉山さん:店長の仕事は人を育てることですから。誰でも最初はできないですよね。そして教えればできるようになると思って。強いて言えば、家族に知的障害者がいたことが幸いしてるかな。特別扱いするような感覚がなかったことは事実です。

おおつか:障害がないスタッフより時間がかかったり、手間がかかりますよね。

杉山さん:確かに時間はかかります。

おおつか:でも教えたのですね。

杉山さん:誰でも最初はできないですし、教えればできるようになります。スタッフは高校生からシニアまでいろんな人がいます。障害者とか健常者とかでなく、人それぞれ個性や特性に合わせて教えていくということには例外はないですね。

木下さん:杉山が相川さんへ指導をしていくと、相川さんはどんどん育っていきました。それを見て、「障害があるからできない」というのは勝手な思い込みだなあと思いました。

おおつか:どのような採用活動をなさっていますか?

木下さん:必ず実習します。しかも3回。

おおつか:3回もですか?

木下さん:それぞれ2週間ずつ実施します。計6週間。1回目の実習はお互い緊張の連続です。成功体験もあれば失敗体験もある。1回だけで終わってしまう実習もあります。でも「もう2度と実習はしたくない」「もう就職はこりごりだ」という終わり方はしないようにしています。

おおつか:2回目の実習は?

木下さん:1ヶ月空けて2回目です。その間に、障害者の方も「ここをこう工夫しよう」「ここをこう練習しよう」と思って2回目の実習に臨んでくれる。店舗のスタッフたちも「次に実習に来たときには、この部分を配慮しよう」と準備してくれる」

おおつか:そうやって3回目に移る?

木下さん:そうです。ですから入社まで半年かかるんです。

おおつか:すごく丁寧に採用活動を進めていらっしゃいますね。

 

木下さん:障害者の人にも「ここで働きたい」と思って入社してほしいし、我々はなまるも「この人なら」という人を採用したいですからね。

おおつか:採用は狭き門ですね(笑)

木下さん:あはは。そうですかね~(笑)。ご縁がなかった場合にも、実習はもうこりごり、就職はもうこりごりと思われないように努力しています。はなまるで実習したことで、何かを学んだり、得意なことを見つけたり、ほめられた経験が自信になったりする。店長サイドでも「もう障害者は勘弁してほしい」を思われないようにフォローしています。

おおつか:その「フォロー」が本部の採用担当の重要な役割なんですね。

木下さん:おっしゃる通りです。「放り込んで終わり」は絶対やりません。何かあったら絶対に本部が飛んでいく。その安心感が一般スタッフ、障害者双方にとって大事だと思います。

おおつか:障害のある人が実習するときに最低限求めていることはありますか?

木下さん:笑顔と元気かな。これは教えて身に着くものじゃないので。

おおつか:障害者を採用するお店はどのようにして決定するのですか?

木下さん:統括スーパーバイザーと協議しますが、基本的にはQ(クオリティ)、S(サービス)、C(クレンリネス)のレベルが高い店舗に雇用を依頼します。

おおつか:QSCの良好な店舗?

木下さん:QSCのレベルが高いということは、店長のマネジメント力が高いということであり、お店としてきちんと運営ができているということです。

おおつか:ふむふむ

木下さん:そういう店の店長は、忙しくてもスタッフにきちんと関わってくれます。仕事も教えてくれます。5分でも面談してくれます。自然と人が育つ環境ができている店に障害者を雇用してもらうとうまくいくと感じます。

  

おおつか:障害者スタッフが加わって、店舗の運営レベルが下がるとか、クレームになるとかを心配する声はないのでしょうか?

杉山さん:スタッフの中には障害のある人と働くことを心良く思わない人がいるかもしれません。でも半分くらいがOKなら十分です。常に障害のあるスタッフの味方が近くにいてくれますので。

おおつか:お店にはいろんなお客様がいらっしゃいますが大丈夫ですか?急いでいたり、イライラしていたり。

杉山さん:あきらかにそういう雰囲気を感じるお客様の場合は、即座にフォローにはいりますよ!でも、お叱りどころか、「がんばってるね!」という励ましのお声をいただくことの方が多いですね。

おおつか:クレームは?

杉山さん:そういうクレームは一度もないですね。


おおつか:今後の障害者雇用の目標は?

木下さん:最終的には1店舗に一人の障害者を雇用することです。でも数字がすべてじゃない。単純作業だけやればいいというわけでもない。相川さんのようにしっかり育てていく責任があります。

~おおつかのひとりごと~

知的障害のある人は、一般的には、覚えるのは時間がかかるけれど、いったん覚えたら着実に仕事をやってくれると言われます。特例子会社や工場などは、その能力が開花しやすい環境だといえます。
しかし、「はなまるうどん」はそうではありません。オープンキッチンの店舗。時間帯ごとに指示する人が変わる。お客様ありきで仕事の量や順番が変わる。どちらかというと知的障害の人が働きにくい環境です。
勤続5年の相川さん。レジを使い、うどんをゆで、天ぷらを揚げる。食器洗浄を行い、箸を入れ替え、テーブルを拭く。障害のないスタッフと遜色なく仕事をやっています。
「人を育てるのが上手な人」は障害者の能力を引き出すのも上手。どこに障害者を受け入れてもらえばよいか、誰をキーパーソンにすればよいか、悩む採用担当者のヒントになりそうです。

  • おおつかがゆく一覧
  • 企業の方へ
  • 行政福祉事業者の方へ

訪問先データ

会社名:株式会社はなまる
所在地:東京都中央区日本橋箱崎町36-2
リバーゲート18階
障害者雇用人数(23人)
※障害者求人は現在公募いたしておりません。
https://www.hanamaruudon.com/ 
取材地:はなまるうどん新橋日比谷通り店

 
障がい者採用に役立つ情報を無料でご提供します。
  • 障害者雇用のためのATARIMAEメソッド早わかりガイドブック
  • 就業規則・雇用契約書考え方のポイント
  • 雇用管理のポイント~発達障害者編~
  • 雇用管理のポイント~精神障害者(統合失調症)編~
  • 業務指示のポイント~知的障害者編~
  • 部門別情報収集シートの活用
  • プロフィールシート
  • 障害者雇用防災対策マニュアル
  • 障害者面接のポイント
  • 業務日誌


お問い合わせ・ご相談・ご依頼はこちら
お問い合わせ

電話でのお問合せ
企業向けサービスサイト

最新の記事

外部支援機関の力を借り、安心して雇用が進められました

スタッフ同士のコミュニケーションや笑顔が多い現場になりました

複雑な客室清掃業務も、分解すれば障害者スタッフが活躍できます

信頼できる、大切に育てていきたい人材です

一人ひとりの“得意”を生かす、チーム制が効果的です

障害者のための改善は、すべての社員に役立ちます

障害者雇用は、サービスのあり方を考えることにつながります

作業手順を教えるというより、「プロを育てる指導を」と伝えています

働きやすさと働きがいを創造することが安定雇用を生む

能力の引き出し方次第で、障害者はどんな仕事でもできますよ

障害者雇用を頑張っていると、お客様も評価してくださる時代です

工夫が生まれ、人が育ち、業績がよくなる。障がい者雇用のメリットは想像以上に大きい

障害者社員の方が、働くことについての意識が高いような気がします。

店長のマネジメントスキルの高い店は障害者雇用もうまく行くと実感しています

授業を見学し、採用しない理由はないと思いました。

会社の発展を支える貴重な労働力として期待しています

現場責任者が大丈夫だという意識を持てれば、障害者雇用は広げられると思います。

障害があっても大丈夫。一人分の労働力として十分期待できます

障害者スタッフの頑張りが清掃現場を支えています

障害の特性と言われる「こだわり」が、仕事の「まじめさ」「きちんとさ」になる

障害者が働きやすくするためにした工夫で他の清掃スタッフも働きやすくなりました

障害者を大切にするということは、きちんと指導して一人前にすることだと思っています

障がい者の可能性を追求したら障がい者雇用率10%になりました

3ヶ月あれば、プロの仕事ができるようになります。

障がい者と働くと社員が成長し、会社が成長することを実感しています。

せっかくの能力を育てて戦力化しなければもったいないと思います

健常者と同じライン構成、同じ生産スピード。特例子会社だという甘えは一切ありません。

北海道から沖縄まで 全国レベルでの雇用創出に取り組んでいます

一緒に働くようになって社員がやさしくなりました

精神科病院ならではの強みを生かした精神障がい者雇用に取り組んでいます。

「個性の尊重」はグループ全体の信念。 信念のもとに、ひとりひとりが輝く障がい者雇用に取り組んでいます。

その人の得意なことが戦力になる職場です

障がい者本人と指導役の組み合わせが安定雇用の秘訣です

「さまざまな個性や背景を持った人間を受け入れる」建学の精神の実践としての障がい者雇用を

はっきり言って、「仕事出来る」と感じています

京王電鉄、京王グループ企業の底力として多くの知的障がい者が活躍しています

経験したことのすべてが今のノウハウになっています

障がい者を戦力化するためには、期待し、責任のある仕事をしてもらうこと

障がい者雇用を成功させるには 就労支援機関との連携がポイントだと思います

障がいのある人もない人も共にチャレンジできる職場づくりを目指しています

親会社の事業と利益に直結する業務を追求

ぐるなびの営業支援部隊として飲食店とお客様をつなぐ仕事をしています!

「会社のど真ん中の仕事」を担ってもらっています

「障害者が主役の会社」だからこそきちんと利益を出し続けています

意欲重視の採用で法定雇用率を大きく上回る実雇用率を達成

9拠点に多様な障がい者を配置し一気に障がい者雇用率3%を達成

「よく生きる」社員を増やすため、人を育て事業を育てていきます

障がい者雇用1号店のフォーマットを広げて150人の雇用が実現

障がい者は決してできない人たちではないのです

組織横断型のプロジェクトチームの存在と障がい者の質の高い仕事が職域を広げていきました

発達障害者の強みを生かした職域開拓に挑戦し続けます

障がいのある人もない人も気兼ねなくお越しいただけるカフェです

「一緒に働いてこそノーマライゼーション」を実践していきます

“仕事ありき”の採用で、全社員がいきいき働ける環境作りを目指します

あたりまえですが「戦力として」採用しています

最先端の医療現場が取り組む「病院らしい障害者雇用」

障害者の強みを最大に発揮させることで行列のできるレストランを作れました

インターンシップで受け入れた障がい者を採用しました

働く喜びを実感して認め合って広げる会社を目指しています

「こういう障がいだからできない」と思わないでやってみると出来るのです

戦力だから長続きするんです。戦力だから本人も幸せを感じるんです

地域に愛される郵便局だから地域の障がい者を採用しています

1年前は一緒に働くイメージが持てなかったのに、今は普通の風景になりました

企業は障がい者とともに成長できるのです

障がい者を戦力化することは会社の責任だと思っています

多くの障がい者が活躍できる職場を作ります!

本人も店舗にもハッピーな障がい者雇用を目指してます

「やればできる」を実感しながら仕事をしています。

障害のある社員に月給25万円払える会社を本気で目指しています

今では一緒に働く親会社のスタッフたちとランチへ行く仲になっています

本質的な社会貢献は障がい者とともにはたらき、ともにいきることです

「居酒屋業界トップ」を支える縁の下の力持ち!お掃除プロフェッショナル集団

ものすごくうまいパン屋。実は障がい者が働いていた」を目指しています

グループ会社の誰より顔が広いのが我が社の主役である知的障がい者社員たちです

全国初!障がい者による障がい児のための学習クラブ 翔和学園

障害のある人もない人も一緒に働くたい焼き屋さんが茅ヶ崎に誕生

人間力の高い社員のいる職場なら障がい者雇用は簡単です

トップの掛け声から始まったナチュラルな障がい者雇用

小島靖子さんが立ち上げた障がい者が働く「街のど真ん中のレストラン」

「障がい者雇用と農業でニッポンを元気にしたい」

元料理長が夢を実現!地産地消のユニバーサルレストラン

「仕事をする上では彼らを障がい者扱いする必要はありません。十分戦力になってくれます。」

「行政こそ知的障がい者雇用の範を示す必要がある」

うまくいかないのは障害のせいではない 仕組みが悪いのだ

施設から飛び出してやる以上は意地でも雇用をつくらなきゃ!そう思ってます。

最高の売場にするために障がい者の仕事は欠かせません

事業として自立しているからゴーイングコンサーン(永続的発展)が可能なのです

定年まで勤め上げられる職場づくりを目指しています

コンビニの店舗で就労に向けた訓練ができる!

音楽が聴けて、杜の都仙台の古いお屋敷町・長町に誕生した「遊楽庵・びすた~り」

地域別

北海道・東北

関東

中部・北陸

関西

中国

九州・沖縄