ホーム障がい者の働く場レポートおおつかがゆく > 障害者社員の方が、働くことについての意識が高いような気がします。

障がい者の働く場レポート

障害者社員の方が、働くことについての意識が高いような気がします。

株式会社ビルワーク
代表取締役 中野 英樹 さん

株式会社ビルワークは、窓ガラスや外壁の清掃、ビル・マンションの清掃や設備管理、外壁診断や各種工事など幅広い事業を展開しています。
その中核事業であるガラス清掃の高所作業を行う一員として障害者社員が活躍していると聞き、現場を訪ねました。

取材に伺った現場は、秋葉原駅にほど近い10階建てのビルです。
「あそこで作業中です」 と言われて目を凝らすと…


発見!

 
スクイジーを巧みに使い、窓ガラスを磨いていきます。

 地上での作業も、通行人の安全に配慮しながら的確に進めていきます。 

すばらしいお仕事ぶり。
お見事でした!

そのご本人がこちら。原正裕さんです。
特別支援学校を卒業と同時に入社して4年半だそうです。
お仕事の合間にインタビューです。

おおつか:原さんの堂々とした仕事ぶりに感動しました。

原さん:最初は高所作業に足がすくみましたけど、 4年半経ったいまは慣れました。

おおつか:現在の目標は?

原さん:目標は持たないようにしているんです。

おおつか:それはどうして?

原さん:一日一日をがんばるほうが自分に合っている感じで。

 

おおつか:ビルワークに入社しようと思ったきっかけは何ですか?

原さん:清掃の会社に就職しようと決めていましたが、なかなかぎりぎりまで就職先が決まらず(笑)

おおつか:というと?

原さん:消去法というか(笑)

おおつか:高所作業の仕事がやりたくてビルワークに入社したんじゃなかったんですか?

原さん:あ、はい。

 

おおつかとしては、「ガラス清掃の仕事にあこがれて入社」という言葉を期待していたのですが、そうではないとのコメントでした(笑)

 
おおつか:最初のころのことは覚えていますか?

原さん:入社当初は、本当に苦労しました。障害があることで「あっち」とか「こっち」、「ここらへん」などを理解するのが苦手なんです。でも、そういう苦手さというのは人に伝わりづらいので、上司や先輩にも理解してもらいにくかったです。

おおつか:と言いますと?

原さん:何回も質問したら悪いと思って、自分で判断してやってしまって失敗する。そういうことが何回もありました。「あっちをやって」と言われて、「ここかな?」と思ってやったら違ったり。けっこう言葉がキツい業界なので(笑)、「それぐらい言わなくてもわかるだろ」と叱られました。周囲の人から見たら普通に理解できることが、自分にはできなくて。この仕事、自分には向いてないのかと思ったこともありました。

おおつか:それでどうしたのですか?

原さん:自分で工夫しました。失敗して注意されたら、「申し訳ありません」と謝って、もう一度教えてもらうようにしました。あと、指示されてわからなければ、勇気を出して聞くようにしました。本気でやれば、少しずつでも成長できると、心の片隅で自分を励ましながら…。

おおつか:すごく努力されたんですね。

原さん:(笑)。そのうち、先輩が指示する「あっち」「こっち」「ちょっと」がわかるようになりました。

おおつか:先輩の指示にも「慣れた」んですね(笑)。

 
おおつか:尊敬する先輩はいますか?

原さん:はい。作業が本当に上手な先輩で、ガラス清掃のとき、汚水が全然落ちないんです。かっぱぎ(ワイパーなどで水を集める作業のこと)が完璧で、無駄な動きもなくて。

おおつか:その人のようになりたいと思いますか?

原さん:思います。でも、その先輩から「10年は頑張らなければならない」と言われています。自分は4年なのでまだまだですね。

おおつか:その先輩と一緒の現場になる日もありますか?

原さん:あります。その日はすっごく先輩の仕事を観察します。

おおつか:その先輩から注意されることも?

原さん:ありますが、怒られたと感じたことはないですね。失敗しても「次はこうやって」とアドバイスしてくれる。そうすると、次は絶対うまくやろうとモチベーションが上がります。

おおつか:尊敬できる先輩がいるのは励みになりますね!

原さん:はい!

原さん、再び作業へ。

まずロープをセッティング

お尻を向けて、ブランコに乗りこみます。

 

そして…するすると降下していく原さんでした。

代表取締役社長の中野英樹さんです。

おおつか:原さんを採用した経緯について教えてください。

中野さん:かねてより障害者を採用したいと求人を出していましたが、なかなか思うように応募がなく、困っていました。そんな折、特別支援学校を見学する機会があり、進路指導の先生から「生徒を実習で受け入れてほしい」との打診がありました。原くんが最初に実習にきてくれた生徒です。

おおつか:実習がご縁だったのですね。

採用担当で事業推進本部長の伊藤好弥さんです。

おおつか:現場の不安はなかったのでしょうか?

伊藤さん:どう接してよいのか、どの程度まで期待できるのかなど、いろいろあったと思います。

おおつか:その不安はどう取り除いたのでしょう?

伊藤さん:進路指導の先生から「今日はAの現場、明日はBの現場と、毎日働く場所や内容が変わるのは厳しい」と聞いていましたので、大きい現場であれば毎日同じ場所で作業ができると判断し、品川の超高層ビルの現場で実習をしてもらいました。正直言って、最初社員たちはおっかなびっくりだったと思いますよ。でも実際に直接関わってみると、それはまったくの取り越し苦労だとわかってくれました。

 

おおつか:高所の作業は最初から想定していたのですか?障害者社員には、高所など危険な場所の作業は困難だとは思いませんでしたか?

中野さん:担当業務については、本人の希望を尊重したと聞いています。本人がやってみたいというので、それなら指導しようということになって。

おおつか:どうやって指導したのですか?

中野さん:ベテランのスタッフが指導しました。基本は一般のスタッフと同じ教え方です。清掃中の挨拶などはこの人、道具の管理についてはこの人など、それぞれ担当が教えました。

清掃技術は、最初にスクイジーの使い方を覚えてもらうところから始めて。それができれば、ビルの内側のガラス拭きが行えますからね。

伊藤さん:その後、ビルの外側のガラス拭きで、指導者と一緒にゴンドラに乗るところから指導しました。原くんはすごくきちんと仕事をしてくれています。隅もきちんと拭いてくれ、手順を省くようなことはないし、安全対策に関しても完璧です。

中野さん:働くということについての意識が高いと感じます。欠勤や遅刻などは全くありません。若いスタッフのなかには、欠勤の気になる人もいるなかで、とてもありがたい存在です。

おおつか:障害者雇用ということで、一般のスタッフと比べて処遇面での違いを設けていますか?

中野さん:まったく同様の条件です。一人前の仕事をしてくれるスタッフの1人として、正社員として雇用しています。

 

おおつか:苦労話を伺いたいところですが…。

伊藤さん:あまり苦労していないんですよ(笑)。 でも指導に関しては、見た目では障害があるように思えないので、配慮が十分ではないと心配しています。もっと自分たちが学んでいき、お互い安心して仕事ができる職場にしていきたいと思います。

おおつか:今後のビジョンについてお聞かせください

中野さん:いま特別支援学校の2年生を実習で受け入れています。ご縁があれば再来年、社員として迎えたいですね。多数の障害者の採用は難しいかもしれませんが、入社してくれた人には、戦力として期待するとともに、着実に成長できるようサポートできる会社になっていきたいと思います。

~おおつかのひとりごと~

「リーチ(体が届く範囲)は一人ひとり違うので、(このビルのガラス清掃を)何回降下してガラス清掃を完了させるかは自分で決めなければならない。多ければ時間がかかり、少なければ拭き残しが生じる。高所での作業は、安全管理はもちろん、清掃の技術、道具の使い方、そしてスピードと、すべてにおいて甘えが許されません。その仕事を黙々とこなし、「目標を持たず、一日を一生懸命」と言い切る原さん。誇りがしっかりと感じられました。「障害があるからできることには限界がある」と思い込むことは、企業にとって損なことだと実感。精神論ではなく「やればできる」の証明が原さんでした。

  • おおつかがゆく一覧
  • 企業の方へ
  • 行政福祉事業者の方へ

訪問先データ

会社名:株式会社ビルワーク
所在地:東京都台東区浅草橋4-1
従業員数:500人(うち障害者数2人)
www.blwk.co.jp

 
障がい者採用に役立つ情報を無料でご提供します。
  • 障害者雇用のためのATARIMAEメソッド早わかりガイドブック
  • 就業規則・雇用契約書考え方のポイント
  • 雇用管理のポイント~発達障害者編~
  • 雇用管理のポイント~精神障害者(統合失調症)編~
  • 業務指示のポイント~知的障害者編~
  • 部門別情報収集シートの活用
  • プロフィールシート
  • 障害者雇用防災対策マニュアル
  • 障害者面接のポイント
  • 業務日誌


お問い合わせ・ご相談・ご依頼はこちら
お問い合わせ

電話でのお問合せ
企業向けサービスサイト

最新の記事

障害者雇用は、サービスのあり方を考えることにつながります

作業手順を教えるというより、「プロを育てる指導を」と伝えています

働きやすさと働きがいを創造することが安定雇用を生む

能力の引き出し方次第で、障害者はどんな仕事でもできますよ

障害者雇用を頑張っていると、お客様も評価してくださる時代です

工夫が生まれ、人が育ち、業績がよくなる。障がい者雇用のメリットは想像以上に大きい

障害者社員の方が、働くことについての意識が高いような気がします。

店長のマネジメントスキルの高い店は障害者雇用もうまく行くと実感しています

授業を見学し、採用しない理由はないと思いました。

会社の発展を支える貴重な労働力として期待しています

現場責任者が大丈夫だという意識を持てれば、障害者雇用は広げられると思います。

障害があっても大丈夫。一人分の労働力として十分期待できます

障害者スタッフの頑張りが清掃現場を支えています

障害の特性と言われる「こだわり」が、仕事の「まじめさ」「きちんとさ」になる

障害者が働きやすくするためにした工夫で他の清掃スタッフも働きやすくなりました

障害者を大切にするということは、きちんと指導して一人前にすることだと思っています

障がい者の可能性を追求したら障がい者雇用率10%になりました

3ヶ月あれば、プロの仕事ができるようになります。

障がい者と働くと社員が成長し、会社が成長することを実感しています。

せっかくの能力を育てて戦力化しなければもったいないと思います

健常者と同じライン構成、同じ生産スピード。特例子会社だという甘えは一切ありません。

北海道から沖縄まで 全国レベルでの雇用創出に取り組んでいます

一緒に働くようになって社員がやさしくなりました

精神科病院ならではの強みを生かした精神障がい者雇用に取り組んでいます。

「個性の尊重」はグループ全体の信念。 信念のもとに、ひとりひとりが輝く障がい者雇用に取り組んでいます。

その人の得意なことが戦力になる職場です

障がい者本人と指導役の組み合わせが安定雇用の秘訣です

「さまざまな個性や背景を持った人間を受け入れる」建学の精神の実践としての障がい者雇用を

はっきり言って、「仕事出来る」と感じています

京王電鉄、京王グループ企業の底力として多くの知的障がい者が活躍しています

経験したことのすべてが今のノウハウになっています

障がい者を戦力化するためには、期待し、責任のある仕事をしてもらうこと

障がい者雇用を成功させるには 就労支援機関との連携がポイントだと思います

障がいのある人もない人も共にチャレンジできる職場づくりを目指しています

親会社の事業と利益に直結する業務を追求

ぐるなびの営業支援部隊として飲食店とお客様をつなぐ仕事をしています!

「会社のど真ん中の仕事」を担ってもらっています

「障害者が主役の会社」だからこそきちんと利益を出し続けています

意欲重視の採用で法定雇用率を大きく上回る実雇用率を達成

9拠点に多様な障がい者を配置し一気に障がい者雇用率3%を達成

「よく生きる」社員を増やすため、人を育て事業を育てていきます

障がい者雇用1号店のフォーマットを広げて150人の雇用が実現

障がい者は決してできない人たちではないのです

組織横断型のプロジェクトチームの存在と障がい者の質の高い仕事が職域を広げていきました

発達障害者の強みを生かした職域開拓に挑戦し続けます

障がいのある人もない人も気兼ねなくお越しいただけるカフェです

「一緒に働いてこそノーマライゼーション」を実践していきます

“仕事ありき”の採用で、全社員がいきいき働ける環境作りを目指します

あたりまえですが「戦力として」採用しています

最先端の医療現場が取り組む「病院らしい障害者雇用」

障害者の強みを最大に発揮させることで行列のできるレストランを作れました

インターンシップで受け入れた障がい者を採用しました

働く喜びを実感して認め合って広げる会社を目指しています

「こういう障がいだからできない」と思わないでやってみると出来るのです

戦力だから長続きするんです。戦力だから本人も幸せを感じるんです

地域に愛される郵便局だから地域の障がい者を採用しています

1年前は一緒に働くイメージが持てなかったのに、今は普通の風景になりました

企業は障がい者とともに成長できるのです

障がい者を戦力化することは会社の責任だと思っています

多くの障がい者が活躍できる職場を作ります!

本人も店舗にもハッピーな障がい者雇用を目指してます

「やればできる」を実感しながら仕事をしています。

障害のある社員に月給25万円払える会社を本気で目指しています

今では一緒に働く親会社のスタッフたちとランチへ行く仲になっています

本質的な社会貢献は障がい者とともにはたらき、ともにいきることです

「居酒屋業界トップ」を支える縁の下の力持ち!お掃除プロフェッショナル集団

ものすごくうまいパン屋。実は障がい者が働いていた」を目指しています

グループ会社の誰より顔が広いのが我が社の主役である知的障がい者社員たちです

全国初!障がい者による障がい児のための学習クラブ 翔和学園

障害のある人もない人も一緒に働くたい焼き屋さんが茅ヶ崎に誕生

人間力の高い社員のいる職場なら障がい者雇用は簡単です

トップの掛け声から始まったナチュラルな障がい者雇用

小島靖子さんが立ち上げた障がい者が働く「街のど真ん中のレストラン」

「障がい者雇用と農業でニッポンを元気にしたい」

元料理長が夢を実現!地産地消のユニバーサルレストラン

「仕事をする上では彼らを障がい者扱いする必要はありません。十分戦力になってくれます。」

「行政こそ知的障がい者雇用の範を示す必要がある」

うまくいかないのは障害のせいではない 仕組みが悪いのだ

施設から飛び出してやる以上は意地でも雇用をつくらなきゃ!そう思ってます。

最高の売場にするために障がい者の仕事は欠かせません

事業として自立しているからゴーイングコンサーン(永続的発展)が可能なのです

定年まで勤め上げられる職場づくりを目指しています

コンビニの店舗で就労に向けた訓練ができる!

音楽が聴けて、杜の都仙台の古いお屋敷町・長町に誕生した「遊楽庵・びすた~り」

社会貢献室発の社内ベンチャー。移動が困難な重度障がい者の在宅雇用に成功

障害のある従業員と働くことで強い職場が作れる

地下鉄のコンコースに障がい者の働くベーカリーショップを発見!

「障害がある人も働く」特別なことをやっているわけではありません

工夫と改善で知的障者 により高度で質の高い職域を実現

福祉施設との連携・協働で重度障がい者の雇用を実現

地域別

北海道・東北

関東

中部・北陸

関西

中国

九州・沖縄