ホーム障がい者の働く場レポートおおつかがゆく > 障害者のための改善は、すべての社員に役立ちます

障がい者の働く場レポート

障害者のための改善は、すべての社員に役立ちます

あけぼの123株式会社
代表取締役社長 山元 輝之 さん

あけぼの123(いちにさん)株式会社は、埼玉県羽生市に本社のある
世界的ブレーキメーカー、曙ブレーキ工業株式会社の特例子会社。

27名の知的障害者社員を中心に本社建物内外の清掃、部品の袋詰め、伝票整理、
設計図面のスキャン業務、名刺印刷などの業務を行っています。

「1・2・3」という社名には、「小さなことから始める」「埼玉で初めての特例子会社」「企業と社会、健常者と障害者が二人三脚で取り組む」という思いが込められているそうです。メーカーの特例子会社ならではの考え方、取り組みなどがきらりと光ります。

現場を見せていただきます。

2003年の設立時から行っている清掃業務です。

 

トイレ清掃の様子です。
「トイレ掃除が基本」との考え方からすべての障害のある社員さんたちが
取り組みます。

左ページに担当業務表。右ページに作業時間の記入表がはさんであるそう。

エリアを「ハワイ」「サイパン」「グアム」と3つに分けているそうです。

トイレにも動物の名前がついているそう。
ちなみに社長室近くのトイレは「ライオントイレ」だそうです。なんかわかるような気がします。

 流し台清掃の作業です。
(障害者社員の)能城さん
「ここは5回、ここは10回とこする回数が決まっていて、数えながらやっています」とのこと。

用具室です。
ラックはハンコの回転ラックを参考にして手作りしたんだそうです。

一人ずつ、道具をひっかける場所が作られています。洗剤の補充台やカートも
すべて手作りだというからすごいです。

掃除道具にも工夫がたくさん見つかります。

力の弱い人は作業しづらく、どこに力を入れ、どこを掃除しているのかが分かりにくいということに配慮しての改善。マジックテープで取っ手をつけて使用します。

 

水、漂白剤、クリーナーをあらかじめ配合して洗剤液を作り、
そこにモップを浸します。
1枚のモップに湿り具合の差ができるので、
濡れ拭きから乾き拭きまで一気にできる。

他社の取り組みを教わって取り入れたのだそうです。
10分の作業時間短縮ができたそう。

トイレットペーパーの在庫管理。
青いシートが目印になっています。
ここまでなくなったら補充というルール。

2008年からスタートしたブレーキ部品の袋詰め作業です。

 

決められた種類の部品を決められた数だけ、写真に合わせて袋詰めをしていきます。車検や修理・交換等で使用するブレーキ部品だそうで、袋詰めする部品の種類や点数は車種ごとに異なります。
絶対に間違いがあってはいけません。

2008年4月の業務開始以来、お客様クレームゼロを継続中です。
(12/12現在3521日)なんとすごいことでしょう。

だからといって時間がかかりすぎてもいけません。

袋が開けやすいオープン治具。袋をセットすると両手で部品の投入ができるので、作業の効率がよいのです。

部品種類ごとに部品の写真が。そして部品ごとに置く場所の区切りが
作られています。

こういった工夫が随所になされています。

安全と品質に加えて正確に作業が進められるようになっています。

障害のある社員が、悩まずに繰り返し正確に作業をするための改善を
親会社の社員と一緒に検討していった効果なのだそうです。

社長の山元さん、指導員の岡田さんにお話を伺います。

おおつか:社長に就任される前はどのような部門に?

山元さん:羽生の同じ敷地内にある「モノづくりセンター」という部署で、国内外の社員に「モノづくり」の考え方や講師育成の指導などをしていました。
あらゆるムダを徹底的に排除して、経営トータルの効率を高め、企業体質を強化することを狙っています。
就任直前は、ブレーキ部品の梱包を担当している株式会社アロックスで、あけぼの123の社員の活躍ぶりと苦労している姿を見ていたこともあり、123で働くことを自分から希望した経緯があります。

おおつか:岡田さんは?

岡田さん:親会社で3年間の勤労学生制度後退職し、その後は保育士として働いていたのですが、数年後あけぼの123の設立時に初代社長から手伝ってほしいと誘われました。指導員は現在、私を含めて4名います。

 

おおつか:清掃や袋詰めなど、さまざまな作業内容を指導されてきたんですね。

岡田さん:直接の指導はもちろんですが、障害のある社員の特性を理解し
働きやすく、生産性が上がる環境を整えることも重要な仕事です。

おおつか:「働きやすい環境」を整える仕事?

岡田さん:その人の能力を見極めて配置を考えたり、手順書(マニュアル)を
整えたりする仕事です。治具の改善、掃除用具の改善、工程の改善なども
常に行います。

おおつか:そうでしたね。部品の袋詰め工程の治具は岡田さんが考えたと
伺いました。

岡田さん:いえいえ、最初は親会社のムダ取り専門部署の皆さんとプロジェクトチームを作って取り組みました。
障害のある社員が「正確に、早く、安全に作業ができるように」の思いで、改善に改善を繰り返しました。
なつかしい思い出ですね。そしてその改善は、親会社の工程の改善にも貢献し、全体で生産効率が向上したんですよ。

山元さん:障害のある人が働きやすい環境というのは、誰にとっても働きやすく能力を発揮しやすい環境だということの証明です。

おおつか:会社設立時、清掃のみだった業務が広がったのは岡田さんをはじめとする指導員の皆さんの改善活動の成果なのですね。

岡田さん:いえいえ、それだけではなくて(笑)。障害のある社員たち、一人ひとりが成長していることのほうが大きいですよ。

おおつか:では、どうやって成長を支えているのでしょうか。

岡田さん:指導員は1日2回、お昼と夕方にミーティングをします。そこで起きていることに早く気づき、共有して対応する事によって、問題を未然に防げたり改善のスピードも上がり、指導員と社員との連携から成長に繋がってくると思います。

山元さん:また、自己申告してもらう毎日の振り返り表を掲示していて、社員は一日の自身の仕事を厳しく振り返り、「ああ、ここがよくなかった」「ここをもっと頑張ろう」とシールを貼っていきます。

山元さん:また、仕事は仕事の能力だけではなく「人として育てる」ことも重要だと考えています。

おおつか:「人として育てる」とは具体的にはどういうことでしょう?

山元さん:働いて生活するためのお金が稼げるような力だけではなく、精神的な自立もさせていくという意味です。

岡田さん:あいさつの仕方、思いやりや感謝の心。自ら考えて行動に移すこと。健康管理、社会のルール、会社のルールを守る。
自分でできることは自分でするけれど、
困ったときには助けを求めることができる。
そういう力を育てていこうと、指導員の間で共有しています。言葉にすると当たり前すぎるのですが(笑)。

おおつか:なるほど。

山元さん:社内イベントや他社見学を実施したり、アビリンピック(障害者技能五輪)に参加したり社外のセミナーで発表したりといった取り組みも、すべて「人として育てる」ための活動です。

おおつか:取材中に出会った障害のある社員の皆さんの礼儀正しさに感銘を受けました。「人として育てる」という方針の意味が、少し理解できた気がします。
最後に、これから障害者雇用に取り組もうと考えている企業に向けて、アドバイスをお願いします。

山元さん:自分たちの会社の強みを生かして、コツコツやっていけば大丈夫だと言いたいです。障害のある社員のための改善は、必ず他の社員にも役立ちますから。

 

 

~おおつかのひとりごと~

整然と整えられた道具置き場。障がいのある社員たちのきびきびとした動作。仕事時間の張りつめた空気。そして休憩時間のこぼれんばかりの笑顔。すばらしい職場であることがよくわかります。マニュアル、振り返り、面談、治具。小さな工夫の連続です。けれどもそれだけで3500日を超えるクレームゼロ記録が続くわけがない。山元さんと岡田さんの言葉の行間に「徹底的にやる」「できるまでやる」の精神を感じ、そのことの大切さと大変さに背筋が伸びる思いです。

  • おおつかがゆく一覧
  • 企業の方へ
  • 行政福祉事業者の方へ

訪問先データ

会社名:あけぼの123株式会社(特例子会社)

所在地:埼玉県羽生市東5-4-71
従業員数:35人(うち障害者数27人)

企業情報はこちら

 

 
障がい者採用に役立つ情報を無料でご提供します。
  • 障害者雇用のためのATARIMAEメソッド早わかりガイドブック
  • 就業規則・雇用契約書考え方のポイント
  • 雇用管理のポイント~発達障害者編~
  • 雇用管理のポイント~精神障害者(統合失調症)編~
  • 業務指示のポイント~知的障害者編~
  • 部門別情報収集シートの活用
  • プロフィールシート
  • 障害者雇用防災対策マニュアル
  • 障害者面接のポイント
  • 業務日誌


お問い合わせ・ご相談・ご依頼はこちら
お問い合わせ

電話でのお問合せ
企業向けサービスサイト

最新の記事

複雑な客室清掃業務も、分解すれば障害者スタッフが活躍できます

信頼できる、大切に育てていきたい人材です

一人ひとりの“得意”を生かす、チーム制が効果的です

障害者のための改善は、すべての社員に役立ちます

障害者雇用は、サービスのあり方を考えることにつながります

作業手順を教えるというより、「プロを育てる指導を」と伝えています

働きやすさと働きがいを創造することが安定雇用を生む

能力の引き出し方次第で、障害者はどんな仕事でもできますよ

障害者雇用を頑張っていると、お客様も評価してくださる時代です

工夫が生まれ、人が育ち、業績がよくなる。障がい者雇用のメリットは想像以上に大きい

障害者社員の方が、働くことについての意識が高いような気がします。

店長のマネジメントスキルの高い店は障害者雇用もうまく行くと実感しています

授業を見学し、採用しない理由はないと思いました。

会社の発展を支える貴重な労働力として期待しています

現場責任者が大丈夫だという意識を持てれば、障害者雇用は広げられると思います。

障害があっても大丈夫。一人分の労働力として十分期待できます

障害者スタッフの頑張りが清掃現場を支えています

障害の特性と言われる「こだわり」が、仕事の「まじめさ」「きちんとさ」になる

障害者が働きやすくするためにした工夫で他の清掃スタッフも働きやすくなりました

障害者を大切にするということは、きちんと指導して一人前にすることだと思っています

障がい者の可能性を追求したら障がい者雇用率10%になりました

3ヶ月あれば、プロの仕事ができるようになります。

障がい者と働くと社員が成長し、会社が成長することを実感しています。

せっかくの能力を育てて戦力化しなければもったいないと思います

健常者と同じライン構成、同じ生産スピード。特例子会社だという甘えは一切ありません。

北海道から沖縄まで 全国レベルでの雇用創出に取り組んでいます

一緒に働くようになって社員がやさしくなりました

精神科病院ならではの強みを生かした精神障がい者雇用に取り組んでいます。

「個性の尊重」はグループ全体の信念。 信念のもとに、ひとりひとりが輝く障がい者雇用に取り組んでいます。

その人の得意なことが戦力になる職場です

障がい者本人と指導役の組み合わせが安定雇用の秘訣です

「さまざまな個性や背景を持った人間を受け入れる」建学の精神の実践としての障がい者雇用を

はっきり言って、「仕事出来る」と感じています

京王電鉄、京王グループ企業の底力として多くの知的障がい者が活躍しています

経験したことのすべてが今のノウハウになっています

障がい者を戦力化するためには、期待し、責任のある仕事をしてもらうこと

障がい者雇用を成功させるには 就労支援機関との連携がポイントだと思います

障がいのある人もない人も共にチャレンジできる職場づくりを目指しています

親会社の事業と利益に直結する業務を追求

ぐるなびの営業支援部隊として飲食店とお客様をつなぐ仕事をしています!

「会社のど真ん中の仕事」を担ってもらっています

「障害者が主役の会社」だからこそきちんと利益を出し続けています

意欲重視の採用で法定雇用率を大きく上回る実雇用率を達成

9拠点に多様な障がい者を配置し一気に障がい者雇用率3%を達成

「よく生きる」社員を増やすため、人を育て事業を育てていきます

障がい者雇用1号店のフォーマットを広げて150人の雇用が実現

障がい者は決してできない人たちではないのです

組織横断型のプロジェクトチームの存在と障がい者の質の高い仕事が職域を広げていきました

発達障害者の強みを生かした職域開拓に挑戦し続けます

障がいのある人もない人も気兼ねなくお越しいただけるカフェです

「一緒に働いてこそノーマライゼーション」を実践していきます

“仕事ありき”の採用で、全社員がいきいき働ける環境作りを目指します

あたりまえですが「戦力として」採用しています

最先端の医療現場が取り組む「病院らしい障害者雇用」

障害者の強みを最大に発揮させることで行列のできるレストランを作れました

インターンシップで受け入れた障がい者を採用しました

働く喜びを実感して認め合って広げる会社を目指しています

「こういう障がいだからできない」と思わないでやってみると出来るのです

戦力だから長続きするんです。戦力だから本人も幸せを感じるんです

地域に愛される郵便局だから地域の障がい者を採用しています

1年前は一緒に働くイメージが持てなかったのに、今は普通の風景になりました

企業は障がい者とともに成長できるのです

障がい者を戦力化することは会社の責任だと思っています

多くの障がい者が活躍できる職場を作ります!

本人も店舗にもハッピーな障がい者雇用を目指してます

「やればできる」を実感しながら仕事をしています。

障害のある社員に月給25万円払える会社を本気で目指しています

今では一緒に働く親会社のスタッフたちとランチへ行く仲になっています

本質的な社会貢献は障がい者とともにはたらき、ともにいきることです

「居酒屋業界トップ」を支える縁の下の力持ち!お掃除プロフェッショナル集団

ものすごくうまいパン屋。実は障がい者が働いていた」を目指しています

グループ会社の誰より顔が広いのが我が社の主役である知的障がい者社員たちです

全国初!障がい者による障がい児のための学習クラブ 翔和学園

障害のある人もない人も一緒に働くたい焼き屋さんが茅ヶ崎に誕生

人間力の高い社員のいる職場なら障がい者雇用は簡単です

トップの掛け声から始まったナチュラルな障がい者雇用

小島靖子さんが立ち上げた障がい者が働く「街のど真ん中のレストラン」

「障がい者雇用と農業でニッポンを元気にしたい」

元料理長が夢を実現!地産地消のユニバーサルレストラン

「仕事をする上では彼らを障がい者扱いする必要はありません。十分戦力になってくれます。」

「行政こそ知的障がい者雇用の範を示す必要がある」

うまくいかないのは障害のせいではない 仕組みが悪いのだ

施設から飛び出してやる以上は意地でも雇用をつくらなきゃ!そう思ってます。

最高の売場にするために障がい者の仕事は欠かせません

事業として自立しているからゴーイングコンサーン(永続的発展)が可能なのです

定年まで勤め上げられる職場づくりを目指しています

コンビニの店舗で就労に向けた訓練ができる!

音楽が聴けて、杜の都仙台の古いお屋敷町・長町に誕生した「遊楽庵・びすた~り」

社会貢献室発の社内ベンチャー。移動が困難な重度障がい者の在宅雇用に成功

障害のある従業員と働くことで強い職場が作れる

地域別

北海道・東北

関東

中部・北陸

関西

中国

九州・沖縄