ホーム障がい者の働く場レポートおおつかがゆく > ゴールと優先順位をはっきりさせること・あとはあきらめずにやりつづけること

障がい者の働く場レポート

ゴールと優先順位をはっきりさせること・あとはあきらめずにやりつづけること

財団法人ヤマト福祉財団 理事長 山崎 篤 氏

<プロフィール> 2003年からヤマト運輸株式会社代表取締役社長を務め、2005年に退任。その後ヤマト福祉財団理事長に就任。同財団では心身に障がいのある人々の「自 立」と「社会参加」支援を目的に、障がい者施設の職員を対象にした教育研修、障がい者の働く場づくりなど障がい者就労に関する様々な支援事業を行ってい る。

 

―「サービスが先、利益は後」小倉イズムを体で覚えたヤマト時代 ―
大塚:私は2000年の春から小倉昌男さんとのご縁をいただいて、亡くなられるまでの5年間いっしょに仕事をさせていただいたんですが、山崎さんはもっと 長くヤマト運輸時代から小倉さんとお付き合いされてこられましたね。山崎さんにとって小倉さんはどのような方だったですか?
山崎氏:小倉さんはね、”決めたことにブレがない”。”方針が明確”、それから”権力や圧力に屈しない”。だから現場の責任者も迷いが生じない。シンプル だったし、わかりやすかったですね。宅急便を始めたのがヤマト運輸にとっては転換期でね。当時私は首都圏支店の営業課長でしたが、既存の大口の顧客を断る という話の時には小倉さんが自ら営業所に来られて全員の前で話をされましたよ。「地下にはまだ見えない水脈がある、井戸を掘っていけば出てくる」とね。一 般の小口のお客さんのことですが、当時は家庭の主婦が荷物を送りたくても郵便局でしか送れない時代でね。そのニーズを地下水脈になぞらえて、それを探りあ てる仕事に切り替えるって言う。”今ある大口のお客さんお断りしてしまって本当に大丈夫なのか?”と思いましたが、必死でやりましたよ。トップの生の声を 聞いていますから。

 

山崎氏:それから2年、3年。大変なこともありましたが、荷物はどんどん増えて実績が目に見える。しかもドライバーはお客様から「「ご苦労様、ありがと う」って声をかけてもらえる。仕事をする喜びを肌で感じることができましたよ。でも、宅急便を始めて5年目。「荷物が遅れることがございます」というポス ターを貼ることになってね。企業の体制や器以上に社会の期待やニーズのほうが大きくなってしまったんだね。
翌日配達を売りにしていたのに、処理できない量を抱えることになってしまって、我々は当時、それを屈辱的ポスターって呼びましたよ。
大塚:そこがヤマトのすごいところですね。パンクするくらい注文がきたら、「自分たちがやっていることが評価されたんだ」と現場も経営者も喜んで祝杯のひとつでもあげるものですが、ヤマトは「お客様の期待にこたえられなかった」と屈辱ととらえる。すばらしい文化ですね。
山崎氏:社会の期待やお客様のニーズを消化しきれていないと思ったからね。そこで小倉さんは翌年、『ダントツ3ヵ年計画』をたてたんですよ。サービスで断然一番になろうよと。
その時に「サービスが先、利益は後」という言葉がうまれたの。それから3年間は収支のことは一切言わないと店を作ってたくさん従業員を採用した。
それでもまだ小倉さんの思うレベルには達しなかったんだろうね。さらに3年、そしてさらに3年、計9年間のダントツ計画を実行しましたよ。確信を持って9年間継続した。
高い志、洞察力、経営決断、何をとってもすごい、歴史に残る大経営者ですよ。

 

―小倉さんから学んだ リーダーの軸がブレないこと―

大塚:私ね、ヤマトにはヤマトの社員だけが通じる独特の共通語があるなあと思うんですよ。「サービスが先・・」もそうだし、「ヤマトは我なり」とか「ダントツ」とか。とてもわかりやすい言葉ですよね。
山崎氏:納得性がありますよね。理念を言葉だけに終わらせないで具現化しているし、何より優先順位を明確にしている。いろんな目標があってどれもおろそかにはできないけど、経営ではやっぱり優先順位をつけることは大事ですよ。
ヤマトの場合はまず『人命尊重の経営』『安全第一、営業第二』。人の命をおろそかにするような営業行為はない。「安全第一、営業第一、両方も」というのはありえない。それが社員全員に浸透しているから現場もぶれずに対応できる。
それからもうひとつ、我々はそれを『みかん事件』と呼んでいるんだけど。ちょうど宅急便が成長してきた時に、あるお客様のダンボールからこぼれ落ちたみかんをある社員が食べたんですよ。小倉さんはその社員を解雇しましたね。
『やっていいことと、やっちゃいけないことのケジメのつけ方』をピシッと社員に示したんですよ。そういう意味でリーダーの軸がぶれないってことは本当に大事だと思いますよ。
大塚:よく『小倉イズム』って言うでしょう?私の中には自分でイメージする小倉イズムがあって、仕事で何かあると「小倉さんだったらこうはしないだろう な」とか「小倉さんならきっとこうするだろうな」と考えるんですよ。気合を入れなきゃいけない時は特に・・・。山崎さんにとって小倉イズムを言葉にすると どういう表現になりますか?
山崎氏:真心と思いやり、誠心誠意、量の多寡を問わず一生懸命やること。小倉さんは『庶民感覚』ということも言っていたけど、志はとても高い次元を目指しておられましたね。

 

―何を喜びに働くのか?仕事に大事なのは動機づけ―

大塚:ヤマト福祉財団は障がい者の自立と社会参加という目的を持って、それを具現化するためのさまざまな活動をやっていらっしゃいますが、現在の活動や山崎さんの日々の仕事についてお話いただけますか?
山崎氏:小規模作業所の職員を対象にした「小規模作業所パワーアップセミナー」、高い賃金を払える作業所をつくる「障がい者の働く場づくり応援プロジェクト」をやっています。
スワンベーカリーやスワンネットといった事業もサポートしています。私はね、この福祉財団に来て初めて、障がい者の人々の「自立」はどうあるべきかという 課題が長く据え置かれていたことを実感しましたね。ゴール(到達点)はどこかわかっているんだけど、そこまでの道のりは遠いなあというのが実感ですね。
でもね、気運はできつつある。風向きも変わってきた。数はまだ少ないけど、志もエネルギーもある人が行動を起こして周囲を上手に巻き込んでいる。
それらをさらに広めていこうという意味で財団のパワーアップセミナーや事業があって、私はそこで成功体験のヒナ型を作っていきたいと思っているんですよ。 財団のセミナーを受講した人は約3000人。蒔いた種は少しずつ芽を出していますが、根付くにはまだ時間がかかりますね。

 

大塚:私は初めて作業所を訪れたとき、障がい者が下請け作業を黙々とやって働いて得られる賃金が月1万円というのにショックを受けたんです。同時に、作業 所の職員さんの意識が自分とまったく違う次元であるということもショックでした。山崎さんはヤマト運輸という企業からこの世界に入られましたが、作業所と そこで働く人たちがどのように目に映りましたか?
山崎氏:人として基本的なものはどの世界も同じだと思いますよ。でも福祉作業所の職員さんたちは今ある状態が当たり前、作業所とはそういうものだと皆思っているんじゃないかな。
一生懸命やっているんだけど、楽しく過ごせればいい、笑顔で毎日来てくれればいい、と目の前のことに精いっぱいで使命とか動機づけという話には至っていな い。そもそも障がい者に外に出てもらうのが目的だったでしょう?作業所は集う場であって働く場ではなかった。一生懸命働いてもらおうとすると彼らが楽しく 過ごせない、という意見が聞かれたりする。たとえばね、ヤマト運輸で働いている人たちはお客様のために働くという喜びが動機づけになっています。荷物を届 ける仕事が人と人の距離を縮めるってことを日々実体験しているから使命感も強いですよ。

 

「作業所の使命って何ですか?」と問われた時に、「面倒見る こと」しか与えられていなければ自然とそうなっちゃう。それは個人の資質の問題ではなくて、動機づけの問題のほうが大きいと思いますよ。小倉さんはそこに 気づいたんだね。パワーアップセミナーで「あなたがた、本当にそれでいいんですか?」、「働く権利を奪っていませんか?」と辛辣に問いかけた。歴史的な背 景や社会インフラ、コンセンサス、いろいろな状況はあるけど、人間としてどうあるべきかを小倉さんは問いかけたんですよ。
大塚:確かにそうですね。私もこの仕事をするまでは、障がい者の働く場の現状に対する問題意識なんて考えたことがなかったです。
山崎氏:外国人が日本に来て「障がい者が街に出ていませんね」と言うよね。一般社会に出ていないってことですよ。
やっぱりそれは変えていかなきゃね。ゴールの置き所を変えていかないと。基本的に人間は自らの力で働いてお金を得て、自ら消費する。これは障がいがあって もなくても人に共通する喜びだと思いますよ。経済力がないということで、遠慮したり、家族に気を使わなければならないのはよくないですよ。自分のお金で旅 行に行くのと、家族にお願いして連れて行ってもらうのとは喜びが違うでしょう。
そこでどうするかって知恵出しの時に大塚さんの出番だね。時代はフォローですよ、現実はアゲインストだけどね(笑)

 

―ゴールの置き所を間違えない 優先順位をしっかりつける―

大塚:福祉起業家になりたい人たちにメッセージをいただけませんか?
山崎氏:やるべきことは大体みんなわかっていてね、ただ、実際にやるかやらないかだけ。当たり前のことを自らが毎日繰り返しやること。
そうすれば一気にはゴールまで行けないけど、振り返ったら足跡がいっぱいついていて確実にゴールまで近づいていると思いますよ。ただ、先にも言ったけど、ゴールの置き所を間違えないこと、物事に優先順位をつけることは忘れちゃいけないですね。
大塚:なるほど。リーダーとして必要なことですね。目的や目標からぶれないこと、優先順位、スタッフへの動機付け、それを愚直にやり続けるということですね。それは大企業のヤマトでも福祉起業家がやろうとしている小さな会社でもあっても変わらないですよね?
山崎氏:変わらない。志のある企業で、社会に益のある財あるいはサービスを提供し続けて、そこでお客様にありがとうと言われることを励みにする。
それは大きな企業でも小さな会社やお店でも何も変わりませんよ。そして最後はやっぱり『あせらず、あわてず、あきらめず』。何事も育つまでには時間がかかるもの。
稲だって梅雨どきの雨と、夏場の照りつける太陽と、秋に涼しい風に吹かれてようやくたわわに実るでしょう?なんでも時間がかかるっていうことだよ。私もまだゴールに向っている途中ですよ。

~おおつかのひとりごと~

小倉さんのお話も聞け、山崎理事長の熱い想いも聞かせていただきました。大塚も背筋を伸ばしてがんばっていこうと思わせていただきました。

  • おおつかがゆく一覧
  • 企業の方へ
  • 行政福祉事業者の方へ

訪問先データ

財団法人ヤマト福祉財団
〒104-0061 東京都中央区銀座 2-12-15
URL:http://www.yamato-fukushi.jp/

 


お問い合わせ・ご相談・ご依頼はこちら
お問い合わせ

おといあわせ
企業向けサービスサイト

最新の記事

せっかくの能力を育てて戦力化しなければもったいないと思います

健常者と同じライン構成、同じ生産スピード。特例子会社だという甘えは一切ありません。

北海道から沖縄まで 全国レベルでの雇用創出に取り組んでいます

一緒に働くようになって社員がやさしくなりました

精神科病院ならではの強みを生かした精神障がい者雇用に取り組んでいます。

「個性の尊重」はグループ全体の信念。 信念のもとに、ひとりひとりが輝く障がい者雇用に取り組んでいます。

その人の得意なことが戦力になる職場です

障がい者本人と指導役の組み合わせが安定雇用の秘訣です

「さまざまな個性や背景を持った人間を受け入れる」建学の精神の実践としての障がい者雇用を

はっきり言って、「仕事出来る」と感じています

京王電鉄、京王グループ企業の底力として多くの知的障がい者が活躍しています

経験したことのすべてが今のノウハウになっています

障がい者を戦力化するためには、期待し、責任のある仕事をしてもらうこと

障がい者雇用を成功させるには 就労支援機関との連携がポイントだと思います

障がいのある人もない人も共にチャレンジできる職場づくりを目指しています

親会社の事業と利益に直結する業務を追求

ぐるなびの営業支援部隊として飲食店とお客様をつなぐ仕事をしています!

「会社のど真ん中の仕事」を担ってもらっています

「障害者が主役の会社」だからこそきちんと利益を出し続けています

意欲重視の採用で法定雇用率を大きく上回る実雇用率を達成

9拠点に多様な障がい者を配置し一気に障がい者雇用率3%を達成

「よく生きる」社員を増やすため、人を育て事業を育てていきます

障がい者雇用1号店のフォーマットを広げて150人の雇用が実現

障がい者は決してできない人たちではないのです

組織横断型のプロジェクトチームの存在と障がい者の質の高い仕事が職域を広げていきました

発達障害者の強みを生かした職域開拓に挑戦し続けます

障がいのある人もない人も気兼ねなくお越しいただけるカフェです

「一緒に働いてこそノーマライゼーション」を実践していきます

“仕事ありき”の採用で、全社員がいきいき働ける環境作りを目指します

あたりまえですが「戦力として」採用しています

最先端の医療現場が取り組む「病院らしい障害者雇用」

障害者の強みを最大に発揮させることで行列のできるレストランを作れました

インターンシップで受け入れた障がい者を採用しました

働く喜びを実感して認め合って広げる会社を目指しています

羽田空港に出現!障がいのある人もない人も共に働くハンバーガーショップ

「こういう障がいだからできない」と思わないでやってみると出来るのです

戦力だから長続きするんです。戦力だから本人も幸せを感じるんです

地域に愛される郵便局だから地域の障がい者を採用しています

1年前は一緒に働くイメージが持てなかったのに、今は普通の風景になりました

企業は障がい者とともに成長できるのです

障がい者を戦力化することは会社の責任だと思っています

多くの障がい者が活躍できる職場を作ります!

本人も店舗にもハッピーな障がい者雇用を目指してます

「やればできる」を実感しながら仕事をしています。

障害のある社員に月給25万円払える会社を本気で目指しています

今では一緒に働く親会社のスタッフたちとランチへ行く仲になっています

本質的な社会貢献は障がい者とともにはたらき、ともにいきることです

「居酒屋業界トップ」を支える縁の下の力持ち!お掃除プロフェッショナル集団

「ものすごくうまいパン屋。実は障がい者が働いていた」を目指しています

グループ会社の誰より顔が広いのが我が社の主役である知的障がい者社員たちです

全国初!障がい者による障がい児のための学習クラブ 翔和学園

障害のある人もない人も一緒に働くたい焼き屋さんが茅ヶ崎に誕生

人間力の高い社員のいる職場なら障がい者雇用は簡単です

トップの掛け声から始まったナチュラルな障がい者雇用

小島靖子さんが立ち上げた障がい者が働く「街のど真ん中のレストラン」

「障がい者雇用と農業でニッポンを元気にしたい」

元料理長が夢を実現!地産地消のユニバーサルレストラン

「仕事をする上では彼らを障がい者扱いする必要はありません。十分戦力になってくれます。」

「行政こそ知的障がい者雇用の範を示す必要がある」

うまくいかないのは障害のせいではない 仕組みが悪いのだ

施設から飛び出してやる以上は意地でも雇用をつくらなきゃ!そう思ってます。

最高の売場にするために障がい者の仕事は欠かせません

事業として自立しているからゴーイングコンサーン(永続的発展)が可能なのです

定年まで勤め上げられる職場づくりを目指しています

コンビニの店舗で就労に向けた訓練ができる!

音楽が聴けて、杜の都仙台の古いお屋敷町・長町に誕生した「遊楽庵・びすた~り」

社会貢献室発の社内ベンチャー。移動が困難な重度障がい者の在宅雇用に成功

障害のある従業員と働くことで強い職場が作れる

地下鉄のコンコースに障がい者の働くベーカリーショップを発見!

「障害がある人も働く」特別なことをやっているわけではありません

工夫と改善で知的障者 により高度で質の高い職域を実現

福祉施設との連携・協働で重度障がい者の雇用を実現

就職して「社会の一員」になれたような気がします

「We are OK!日本一楽しい朝礼は、 障害があってもなくても関係ない!全ての社員が輝く場」

続けることで働く力を発揮する。 企業も障がい者本人もあきめないことが大切です

「大人になったら働く」を支える集団です

「もともと企業は仕事を通じて人を成長させることが得意なのです」

「障害がある人も一緒に働くのが当たり前ですから」

「会社や施設にいかなくても仕事はできる!」 重度障がい者の就労機会をもっともっと作り出したい

株式会社だからこそできる福祉サービスがあると思います

仕事をする上では障がい者だとか健常者だとかはまったく関係ありません

精神障がい者の雇用は難しくない。 雇用すると意思決定すればいいのです。

3年で100人の障害者雇用が目標。 貪欲にビジネスチャンスを追求していきます

盲ろう者の活躍の機会は必ず作れる!そう確信していました

行政マンから福祉起業家へ転身! 「障がい者の働く場を自分でつくりたかったんです」

飲食店激戦区の恵比寿で16年! 障がい者、健常者、外国人がともに働くスリランカ料理店

横浜市初!民間企業が運営する福祉喫茶(ふれあいショップ)

ゴールと優先順位をはっきりさせること・あとはあきらめずにやりつづけること

地域の方に「ゆっくりと」くつろいでいただけるお店を目指して

地域別

北海道・東北

関東

中部・北陸

関西

中国

九州・沖縄