ホーム障がい者の働く場レポートおおつかがゆく > 働く喜びを実感して認め合って広げる会社を目指しています

障がい者の働く場レポート

働く喜びを実感して認め合って広げる会社を目指しています

大和ライフプラス株式会社 代表取締役社長 石﨑 順子さん

こちらがオフィスの入居するビルです。青山骨董通りにあります。
親会社はマンション管理会社の大和ライフネクスト。
2006年に人事部内に設置された「ダイバーシティ推進室」が始まりだそうです。

 

 

社長の石﨑さんです。親会社の大和ライフネクストの取締役もなさっています。
おおつか:2011年3月の特例子会社認定ですね。どういう経緯で会社を設立されたのでしょうか。
石﨑さん:弊社はマンション・ビル等の不動産総合管理業です。全従業員の3分の2は管理人のため、比較的高齢で、自然と障がいのある人もいて、特別の努力をしなくともある程度障がい者雇用はできていました。

おおつか:それがどうして特例子会社を?
石﨑さん:その前にいろいろとあったのです(笑)。
2006年ごろです。ハローワークの雇用率達成指導を受けました。
おおつか:厳しい指導があったのですね(笑)。
石﨑さん:はい(笑)。採用する気がなかったわけではないので、本格的に雇用の拡大を目指し始めました。

 

石﨑さん:当時、人事部にはダイバーシティ推進室がありました。障がいのある人もない人も一緒に働ける環境が良いと思って、何名か採用して、他の部署の社員と混ざって仕事をしてもらうような試みをしました。
ですが、多くの課題が出てきて、定着もなかなか進まない。だって障がい者の採用やマネジメントのノウハウは全くなかったわけですから。

 

おおつか:それでどうされたのですか?
石﨑さん:再度チャレンジしました。バラバラに部署に派遣するのではなく、ダイバーシティ推進室で他部署の仕事を一括集中方式で請け負うというやり方に変えたのです。そうしたら軌道に乗ってきたのです。
おおつか:ふむふむ。

 

おおつか:でも「軌道にのった」のであれば、わざわざ特例子会社にする理由はあまりないのでは?
石﨑さん:障がい者従業員の雇用の安定を考えると「正社員」という処遇をつくるべきだと思いました。
そのことによって会社に対するロイヤルティも高まると。
おおつか:おお!人事の王道って感じで素敵です。
石﨑さん:幸いにも私は親会社の人事担当の役員だったので、進められたのだと思います。

お仕事風景です。

 

 

 

 

親会社の管理するビルやマンションの「竣工図(建物が竣工した時に作成する図面)」を超高級スキャナーを使い、デジタルデータに変換します。

 

これは、スキャンをする前に、しわがないかを確認する作業です。
1日1000枚くらいはスキャンするのだそうです。親会社だけでなく、外部の企業からも受託しているものもあるのだとか。

 

 

名刺作成の仕事。

 

 

 

 

データエントリーの仕事。

 

 

 

 

その他親会社のバックオフィス業務を受託しています。

 

 

 

 

部長の鈴木信也さん。現場のマネジメントを担当していらっしゃいます。
みんなからは「鈴木部長」ではなく、ラストネームの「信也さん」と呼ばれておられました。

 

 

おおつか:マネジメントをいかす「コツ」は何でしょう?
鈴木さん:コツはあまりありません(笑)。障がいがあってもなくてもマネジメントの原理原則は同じだなあと思います。目標、期待、フィードバック、仲間同士のコミュニケーションをベーシックに続けているだけです。もちろん、配慮はしますよ。毎週相談員会議で課題を検討します。どうやったらよいかということはとことん話し合ってますし、本人にもフィードバックしています。

おおつか:採用基準はどのように?
鈴木さん:あえて言えば「周りが何とかしてくれる」という意識の少ない人を採用しているかな。
おおつか:どうやってそれを見極めるのですか?
石﨑さん、鈴木さん:今は(見れば)わかりますよ(笑)。最初のころいっぱい失敗しましたから。

 


おおつか
:ビジョンをお聞かせください。
石﨑さん:雇用する人の対象を障がい者以外にも広げたいです。具体的にはシングルマザー、若年層、高齢者などで就労意欲があっても課題を抱えた人達です。今は事情があって働けてないけど、能力や可能性を持った人達。スタートラインが「ダイバーシティ推進室」なので、障がい者だけにとどまらずにやれたと思います。
おおつか:ぜひ実現させてください。

 

今回の秘書は…2回目の秘書同行となりました新入社員の田澤です。

お話の中で印象的だったのは、「障がいのあるなしに関係なく、誰が働いてもいいじゃないかという会社にしたい」という言葉でした。

その言葉通り、実際に職場を見学させていただくと、そこは決して特別な場所ではなく、スキャンの作業や印刷業務、事務作業などが滞りなく行われていました。

障がいを持つ従業員の方が、大判の設計図をスキャナーでスキャンしたり、スキャンする前の紙が折れていないか点検していたり、それぞれの方が自分の仕事と向き合っていらっしゃいました。

そのような雰囲気の中で、一人ひとりの従業員の方が役割意識を持っており、仕事に対する誇りのようなものを感じました。

仕事のスピードも速い上に、ミスもほとんどないと伺いました。新人の私も、そのような仕事さばきを身につけられるように頑張りたいと思います。

「誰でも働ける職場は、決して特別な場所ではない」そんな価値観が広がれば、障がい・健常関係なく、よりいきいきと働くことに向き合える人が増えるのではないかと思いました。

~おおつかのひとりごと~

おおつか的に、気持ちよく本気度を感じる特例子会社でした。温度が高いっていうか、
モチベーションが高いっていうか、受け身じゃないって言うか。
なんでこんなにズバズバカッコイイ感じなの?と思ったらば、
設立メンバーの みなさんはリクルートのDNAを持った方々でした。納得です(*^^)v
ちなみに、おおつかの住んでるマンションは、親会社の大和ライフネクストさんに
管理していただいているのでした(余談)。

  • おおつかがゆく一覧
  • 企業の方へ
  • 行政福祉事業者の方へ

訪問先データ

会社概要
会社名:大和ライフプラス株式会社
所在地:東京都南青山6-3-9
代表取締役:石﨑順子
電話番号:03-5774-2591
従業員:27名(うち障害者24名 身体、知的、精神)
http://www.daiwalifenext.co.jp/plus/

 


お問い合わせ・ご相談・ご依頼はこちら
お問い合わせ

おといあわせ
企業向けサービスサイト

最新の記事

せっかくの能力を育てて戦力化しなければもったいないと思います

健常者と同じライン構成、同じ生産スピード。特例子会社だという甘えは一切ありません。

北海道から沖縄まで 全国レベルでの雇用創出に取り組んでいます

一緒に働くようになって社員がやさしくなりました

精神科病院ならではの強みを生かした精神障がい者雇用に取り組んでいます。

「個性の尊重」はグループ全体の信念。 信念のもとに、ひとりひとりが輝く障がい者雇用に取り組んでいます。

その人の得意なことが戦力になる職場です

障がい者本人と指導役の組み合わせが安定雇用の秘訣です

「さまざまな個性や背景を持った人間を受け入れる」建学の精神の実践としての障がい者雇用を

はっきり言って、「仕事出来る」と感じています

京王電鉄、京王グループ企業の底力として多くの知的障がい者が活躍しています

経験したことのすべてが今のノウハウになっています

障がい者を戦力化するためには、期待し、責任のある仕事をしてもらうこと

障がい者雇用を成功させるには 就労支援機関との連携がポイントだと思います

障がいのある人もない人も共にチャレンジできる職場づくりを目指しています

親会社の事業と利益に直結する業務を追求

ぐるなびの営業支援部隊として飲食店とお客様をつなぐ仕事をしています!

「会社のど真ん中の仕事」を担ってもらっています

「障害者が主役の会社」だからこそきちんと利益を出し続けています

意欲重視の採用で法定雇用率を大きく上回る実雇用率を達成

9拠点に多様な障がい者を配置し一気に障がい者雇用率3%を達成

「よく生きる」社員を増やすため、人を育て事業を育てていきます

障がい者雇用1号店のフォーマットを広げて150人の雇用が実現

障がい者は決してできない人たちではないのです

組織横断型のプロジェクトチームの存在と障がい者の質の高い仕事が職域を広げていきました

発達障害者の強みを生かした職域開拓に挑戦し続けます

障がいのある人もない人も気兼ねなくお越しいただけるカフェです

「一緒に働いてこそノーマライゼーション」を実践していきます

“仕事ありき”の採用で、全社員がいきいき働ける環境作りを目指します

あたりまえですが「戦力として」採用しています

最先端の医療現場が取り組む「病院らしい障害者雇用」

障害者の強みを最大に発揮させることで行列のできるレストランを作れました

インターンシップで受け入れた障がい者を採用しました

働く喜びを実感して認め合って広げる会社を目指しています

羽田空港に出現!障がいのある人もない人も共に働くハンバーガーショップ

「こういう障がいだからできない」と思わないでやってみると出来るのです

戦力だから長続きするんです。戦力だから本人も幸せを感じるんです

地域に愛される郵便局だから地域の障がい者を採用しています

1年前は一緒に働くイメージが持てなかったのに、今は普通の風景になりました

企業は障がい者とともに成長できるのです

障がい者を戦力化することは会社の責任だと思っています

多くの障がい者が活躍できる職場を作ります!

本人も店舗にもハッピーな障がい者雇用を目指してます

「やればできる」を実感しながら仕事をしています。

障害のある社員に月給25万円払える会社を本気で目指しています

今では一緒に働く親会社のスタッフたちとランチへ行く仲になっています

本質的な社会貢献は障がい者とともにはたらき、ともにいきることです

「居酒屋業界トップ」を支える縁の下の力持ち!お掃除プロフェッショナル集団

「ものすごくうまいパン屋。実は障がい者が働いていた」を目指しています

グループ会社の誰より顔が広いのが我が社の主役である知的障がい者社員たちです

全国初!障がい者による障がい児のための学習クラブ 翔和学園

障害のある人もない人も一緒に働くたい焼き屋さんが茅ヶ崎に誕生

人間力の高い社員のいる職場なら障がい者雇用は簡単です

トップの掛け声から始まったナチュラルな障がい者雇用

小島靖子さんが立ち上げた障がい者が働く「街のど真ん中のレストラン」

「障がい者雇用と農業でニッポンを元気にしたい」

元料理長が夢を実現!地産地消のユニバーサルレストラン

「仕事をする上では彼らを障がい者扱いする必要はありません。十分戦力になってくれます。」

「行政こそ知的障がい者雇用の範を示す必要がある」

うまくいかないのは障害のせいではない 仕組みが悪いのだ

施設から飛び出してやる以上は意地でも雇用をつくらなきゃ!そう思ってます。

最高の売場にするために障がい者の仕事は欠かせません

事業として自立しているからゴーイングコンサーン(永続的発展)が可能なのです

定年まで勤め上げられる職場づくりを目指しています

コンビニの店舗で就労に向けた訓練ができる!

音楽が聴けて、杜の都仙台の古いお屋敷町・長町に誕生した「遊楽庵・びすた~り」

社会貢献室発の社内ベンチャー。移動が困難な重度障がい者の在宅雇用に成功

障害のある従業員と働くことで強い職場が作れる

地下鉄のコンコースに障がい者の働くベーカリーショップを発見!

「障害がある人も働く」特別なことをやっているわけではありません

工夫と改善で知的障者 により高度で質の高い職域を実現

福祉施設との連携・協働で重度障がい者の雇用を実現

就職して「社会の一員」になれたような気がします

「We are OK!日本一楽しい朝礼は、 障害があってもなくても関係ない!全ての社員が輝く場」

続けることで働く力を発揮する。 企業も障がい者本人もあきめないことが大切です

「大人になったら働く」を支える集団です

「もともと企業は仕事を通じて人を成長させることが得意なのです」

「障害がある人も一緒に働くのが当たり前ですから」

「会社や施設にいかなくても仕事はできる!」 重度障がい者の就労機会をもっともっと作り出したい

株式会社だからこそできる福祉サービスがあると思います

仕事をする上では障がい者だとか健常者だとかはまったく関係ありません

精神障がい者の雇用は難しくない。 雇用すると意思決定すればいいのです。

3年で100人の障害者雇用が目標。 貪欲にビジネスチャンスを追求していきます

盲ろう者の活躍の機会は必ず作れる!そう確信していました

行政マンから福祉起業家へ転身! 「障がい者の働く場を自分でつくりたかったんです」

飲食店激戦区の恵比寿で16年! 障がい者、健常者、外国人がともに働くスリランカ料理店

横浜市初!民間企業が運営する福祉喫茶(ふれあいショップ)

ゴールと優先順位をはっきりさせること・あとはあきらめずにやりつづけること

地域の方に「ゆっくりと」くつろいでいただけるお店を目指して

地域別

北海道・東北

関東

中部・北陸

関西

中国

九州・沖縄