ホーム障がい者の働く場レポートおおつかがゆく > 「行政こそ知的障がい者雇用の範を示す必要がある」

障がい者の働く場レポート

「行政こそ知的障がい者雇用の範を示す必要がある」

横浜市役所【神奈川県・横浜市】

横浜市役所で知的障がい者が働いている!期間を限定したチャレンジ雇用ではありません。正真正銘の「市役所の職員」です。「行政こそ知的障がい者雇用の範を示す必要がある」 とおっしゃる横浜市さん。
知的障がい者職員を採用した理由、現状、今後の計画などについて根掘り葉掘りうかがってきました。

 

平成19年10月採用の林田さんです。「失礼します」「ありがとうございます」の礼儀正しく丁寧な挨拶が印象的な好青年です。
趣味は水泳。INAS-FID(アイナス エフアイディー)主催の知的障がい者による世界水泳大会で銅メダルを獲得しているほか、日本記録を10種目以上持っているんだとか。

 

平成20年10月採用の築城さんです。
相模原の職業能力開発校での職業訓練を経て入職されました。笑顔が素敵です。ご本人曰く「本番に強いタイプ」。ユーモアのセンスもすばらしいです。

 

 

 

担当する仕事は、資料のコピー、庁内メールの仕分け、PC入力、シュレッダー、郵送作業、起案・支出、報告書類の仕分け、電話応対、特別支援学校実習生の指導、パワーポイントによる資料作成、出張(単独で)、書類の回覧と整理などなど。極めて多岐にわたっています。

 

 

国分係長(写真右)、大村さん(真ん中)、坂井さん(左)にお話を伺いました。
おおつか:一緒に働いてみてどうですか?
国分さん:私たちが思う以上にもっともっと仕事ができたんだというのが実感です。 オフィスワークの仕事に知的障がい者が関われるということは、雇用を開始する前、3年間にわたって実施した実習で十分に理解をしていたつもりでした。 ところがその予想や期待をみごとに裏切ってくれました。
坂井さん:すでに一緒に飲みに行く仲になってます(笑)。彼らと一緒に働く中で「働ける人はもっともっと沢山いる」という実感が高まっています。
大村さん:一緒に仕事をしていて本当に楽しいです。私が励ます立場なのに逆に励まされることもあります。

 

おおつか:すばらしいお取り組みですね。けれども実現させるのは簡単なことではないですよね。
国分さん:4年がかりです(笑)。彼らが戦力になることを職場が理解していなければうまく行きません。まずは3年間にわたって実習生を20数名受け入れました。そして雇用する目的の整理と理解。これも大切です。

 

 

おおつか:行政が知的障がい者を雇用する目的をひと言で言うとなんですか。
国分さん:2つあります。一つ目は、行政としての責務を果たすこと。行政で働く障がい者は、いまだに身体障がいの方がメインです。知的障がい者の雇用を促進していくためには行政が率先垂範しなければならない。2つ目は、事務分野での知的障がい者の雇用の理解を進めること。知的障がい者の職域はまだどちらかというと軽作業中心のイメージが強い。沢山の市民が訪れる市役所で、知的障がい者が働いている。障がい者雇用に対するPR効果はとても大きいです。

 

おおつか:今後のご計画を教えてください。
国分さん:雇用数を二ケタ(つまり10人以上)にして行きたいです。できれば障害企画課以外の部署で働いてもらいたい。将来的には市役所以外の行政機関でも、ひとり、また1人という形で増えていって欲しい。そのための努力や協力は惜しみません。

 

 

今回、秘書として同行したのは・・・  
スタッフの小川です。
林田さん、築城さんのお二人のお話をうかがって一番強く感じたのは、なんといっても“自信”を持って仕事をされているということ!仕事に対して緊張感を持ちつつ、充足感を得られていることが強く伝わってきました。こんなお二人の仕事振りをフロア内、庁舎内にアピールするために、就労支援係ということにこだわらず他部署の仕事も行い、随時依頼される仕事を増やしていくなどの工夫が見られました。上手に存在感をアピールすることが、今後さらに知的障がい者の雇用を進めることに繋がるのではないかと思いました。国分係長が「行政の責任において知的障がい者の雇用を自ら進めいかなくてはならない。特に事務職としての採用を進めることで、企業での知的障がい者の雇用拡大につながれば」と熱く語っていらしたこと、その話を聞きながら、坂井さん、大村さんが深くうなずかれているのがとても印象的でした。

 

 

~おおつかのひとりごと~

「行政だからこそやる!」国分さんの言葉から熱い熱い情熱を感じました。「制度がない」「前例がない」からというのは過去のこと。目的や意義があれば「やる」「できるまでやる」「やればできる」んですね。この取り組み津々浦々に広がっていって欲しいですね。

  • おおつかがゆく一覧
  • 企業の方へ
  • 行政福祉事業者の方へ

訪問先データ

031012

事業所名:横浜市役所健康福祉局 障害福祉部 障害企画課 就労支援係
障がい者雇用数:2名(知的障がい)
所在地:神奈川県横浜市中区港町1-1
TEL:045-671-3992
横浜市URL:http://www.city.yokohama.lg.jp/kenko/shogai/

 


お問い合わせ・ご相談・ご依頼はこちら
お問い合わせ

おといあわせ
企業向けサービスサイト

最新の記事

せっかくの能力を育てて戦力化しなければもったいないと思います

健常者と同じライン構成、同じ生産スピード。特例子会社だという甘えは一切ありません。

北海道から沖縄まで 全国レベルでの雇用創出に取り組んでいます

一緒に働くようになって社員がやさしくなりました

精神科病院ならではの強みを生かした精神障がい者雇用に取り組んでいます。

「個性の尊重」はグループ全体の信念。 信念のもとに、ひとりひとりが輝く障がい者雇用に取り組んでいます。

その人の得意なことが戦力になる職場です

障がい者本人と指導役の組み合わせが安定雇用の秘訣です

「さまざまな個性や背景を持った人間を受け入れる」建学の精神の実践としての障がい者雇用を

はっきり言って、「仕事出来る」と感じています

京王電鉄、京王グループ企業の底力として多くの知的障がい者が活躍しています

経験したことのすべてが今のノウハウになっています

障がい者を戦力化するためには、期待し、責任のある仕事をしてもらうこと

障がい者雇用を成功させるには 就労支援機関との連携がポイントだと思います

障がいのある人もない人も共にチャレンジできる職場づくりを目指しています

親会社の事業と利益に直結する業務を追求

ぐるなびの営業支援部隊として飲食店とお客様をつなぐ仕事をしています!

「会社のど真ん中の仕事」を担ってもらっています

「障害者が主役の会社」だからこそきちんと利益を出し続けています

意欲重視の採用で法定雇用率を大きく上回る実雇用率を達成

9拠点に多様な障がい者を配置し一気に障がい者雇用率3%を達成

「よく生きる」社員を増やすため、人を育て事業を育てていきます

障がい者雇用1号店のフォーマットを広げて150人の雇用が実現

障がい者は決してできない人たちではないのです

組織横断型のプロジェクトチームの存在と障がい者の質の高い仕事が職域を広げていきました

発達障害者の強みを生かした職域開拓に挑戦し続けます

障がいのある人もない人も気兼ねなくお越しいただけるカフェです

「一緒に働いてこそノーマライゼーション」を実践していきます

“仕事ありき”の採用で、全社員がいきいき働ける環境作りを目指します

あたりまえですが「戦力として」採用しています

最先端の医療現場が取り組む「病院らしい障害者雇用」

障害者の強みを最大に発揮させることで行列のできるレストランを作れました

インターンシップで受け入れた障がい者を採用しました

働く喜びを実感して認め合って広げる会社を目指しています

羽田空港に出現!障がいのある人もない人も共に働くハンバーガーショップ

「こういう障がいだからできない」と思わないでやってみると出来るのです

戦力だから長続きするんです。戦力だから本人も幸せを感じるんです

地域に愛される郵便局だから地域の障がい者を採用しています

1年前は一緒に働くイメージが持てなかったのに、今は普通の風景になりました

企業は障がい者とともに成長できるのです

障がい者を戦力化することは会社の責任だと思っています

多くの障がい者が活躍できる職場を作ります!

本人も店舗にもハッピーな障がい者雇用を目指してます

「やればできる」を実感しながら仕事をしています。

障害のある社員に月給25万円払える会社を本気で目指しています

今では一緒に働く親会社のスタッフたちとランチへ行く仲になっています

本質的な社会貢献は障がい者とともにはたらき、ともにいきることです

「居酒屋業界トップ」を支える縁の下の力持ち!お掃除プロフェッショナル集団

「ものすごくうまいパン屋。実は障がい者が働いていた」を目指しています

グループ会社の誰より顔が広いのが我が社の主役である知的障がい者社員たちです

全国初!障がい者による障がい児のための学習クラブ 翔和学園

障害のある人もない人も一緒に働くたい焼き屋さんが茅ヶ崎に誕生

人間力の高い社員のいる職場なら障がい者雇用は簡単です

トップの掛け声から始まったナチュラルな障がい者雇用

小島靖子さんが立ち上げた障がい者が働く「街のど真ん中のレストラン」

「障がい者雇用と農業でニッポンを元気にしたい」

元料理長が夢を実現!地産地消のユニバーサルレストラン

「仕事をする上では彼らを障がい者扱いする必要はありません。十分戦力になってくれます。」

「行政こそ知的障がい者雇用の範を示す必要がある」

うまくいかないのは障害のせいではない 仕組みが悪いのだ

施設から飛び出してやる以上は意地でも雇用をつくらなきゃ!そう思ってます。

最高の売場にするために障がい者の仕事は欠かせません

事業として自立しているからゴーイングコンサーン(永続的発展)が可能なのです

定年まで勤め上げられる職場づくりを目指しています

コンビニの店舗で就労に向けた訓練ができる!

音楽が聴けて、杜の都仙台の古いお屋敷町・長町に誕生した「遊楽庵・びすた~り」

社会貢献室発の社内ベンチャー。移動が困難な重度障がい者の在宅雇用に成功

障害のある従業員と働くことで強い職場が作れる

地下鉄のコンコースに障がい者の働くベーカリーショップを発見!

「障害がある人も働く」特別なことをやっているわけではありません

工夫と改善で知的障者 により高度で質の高い職域を実現

福祉施設との連携・協働で重度障がい者の雇用を実現

就職して「社会の一員」になれたような気がします

「We are OK!日本一楽しい朝礼は、 障害があってもなくても関係ない!全ての社員が輝く場」

続けることで働く力を発揮する。 企業も障がい者本人もあきめないことが大切です

「大人になったら働く」を支える集団です

「もともと企業は仕事を通じて人を成長させることが得意なのです」

「障害がある人も一緒に働くのが当たり前ですから」

「会社や施設にいかなくても仕事はできる!」 重度障がい者の就労機会をもっともっと作り出したい

株式会社だからこそできる福祉サービスがあると思います

仕事をする上では障がい者だとか健常者だとかはまったく関係ありません

精神障がい者の雇用は難しくない。 雇用すると意思決定すればいいのです。

3年で100人の障害者雇用が目標。 貪欲にビジネスチャンスを追求していきます

盲ろう者の活躍の機会は必ず作れる!そう確信していました

行政マンから福祉起業家へ転身! 「障がい者の働く場を自分でつくりたかったんです」

飲食店激戦区の恵比寿で16年! 障がい者、健常者、外国人がともに働くスリランカ料理店

横浜市初!民間企業が運営する福祉喫茶(ふれあいショップ)

ゴールと優先順位をはっきりさせること・あとはあきらめずにやりつづけること

地域の方に「ゆっくりと」くつろいでいただけるお店を目指して

地域別

北海道・東北

関東

中部・北陸

関西

中国

九州・沖縄